PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

こるり、訃報

coruli5.jpg
私事ですが、愛犬こるりが虹の橋を渡ってしまいました。
アークのブログにアップするべきか迷いましたが、アークでは問題の改善の難しい子を自宅へ連れ帰りリハビリを行ってきた中で、こるりは教育係として重要な役割を果たし、ブログにも度々登場してきました。そのこるりが今後の預かり記事に何の前触れもなく登場しなくなると、疑問に感じる方もいらっしゃるだろうし、不自然なので、この場をお借りして報告させていただくことにしました。


死因は熱中症でした。
涼しくなって、ちょっと暑さがぶり返した日の朝の散歩で突然倒れました。
散歩に出発する時の外気温は26℃、念のために首には氷を巻いて濡らしたバンダナを巻き、散歩途中にはいつものように給水タイムを取っていました。
一緒に歩いていた他の2匹には不調は全く見られず、こるりも倒れる直前までおかしな様子はありませんでした。
病院に担ぎ込まれて治療を行ったものの、入院3日目の朝、静かに息をひきとりました。
5才と8ヶ月でした。


coruli1.jpg
我が家は24時間冷房の完全室内飼育です。
この夏の異常な酷暑にも体調を崩すことはありませんでしたし、前日までも倒れた当日の朝も日常の行動に気になる様子は全くなく、食欲や排泄にもなんの問題もありませんでした。
生後4ヶ月の頃に家族の一員になってから、一度も病気や体調を崩すようなことは全くなく健康そのものの子でした。

これは、後からの推測なのですが、熱中症で倒れてからの血液検査に現れていた肝臓と腎臓の数値の異常に、熱中症を引き起こしたなんらかの要因があるかもしれないとのことでした。
急激な気温差も関係しているかもしれないし、どんなに予防や対策をしていても、「なるときはなる」と獣医さんには言われました。


coruli2.jpg
我が家にはこるりの他、3頭の愛犬が居ます。
グレートデーンのかもめは居捻転や心臓麻痺など突然死しやすいし、ワイマラナーのレガは病弱で、10才のみちるは年齢的に、いつ何があってもおかしくないし、その覚悟はありました。

こるりは年齢的にも、日常の健康面でも、全く問題がなく、そのこるりが熱中症で命を奪われるなんて、私達夫婦には青天の霹靂としか言いようがなく、今でも信じることができません。一緒に散歩をしていた他の子は疲れた様子もなく元気そのものなのに、なぜこるりが・・・? 

いくら考えてももう彼女はもうこの世にいないし、時間をかけてでも現実を受け入れていかざるを得ないし、悔やんでも悔やみきれませんが、これからも前を向いて歩いていかなければいけません。

みなさんも、愛しい存在との予測不可能に突然訪れるかもしれない別れの時にできるだけ後悔のないよう、今この一瞬を大切になさってください。


coruli3.jpg
アークにとっては、社会性の欠如した犬のリハビリに欠かせない優秀な教育係を失ったことになり、その損失は多大です。
彼女の天性の指導力は特別に素晴らしく頼りがいのあるものでした。
彼女を失った今、我が家は「虎の穴」としての機能を果たすことはできません。


こるりの名前は、小さな青い鳥「コルリ」に由来します。
その名前の通り、彼女はたくさんの預かり犬やその里親となったご家族に幸せを運びました。


最後に、数々のアークの犬達のリハビリに貢献したこるりに感謝の気持ちを伝えます。
こるちん、今まで本当にありがとう。




◆過去のこるり関連記事(一部)◆
2007.01.27 一時預かりのウィスカス
2007.01.28 プロレスごっこ
2008.04.05 問題児メイティ
2008.10.09 ラーくん預かり日記
2010.01.22 暴君、バルザック
2010.02.14 ポーカーフェイスなグーグル君
2010.07.17 動物愛護教育、させていただきました

| 未分類 | 00:11 | comments:30 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

記事を読んで...ただただショックです。
お父さんお母さんの胸中お察し致します。
言葉では言い表せないですね、ほんとに
これまでのこるりちんのエピソードを思い出し、涙がこぼれます。
私からも彼女にたくさんのありがとうと、お疲れ様でした、とお伝え下さい。
たくさんのkiss&hugをそえて

| しのぶ | 2010/09/29 02:02 | URL | ≫ EDIT

なん

辛いです。悲しいです。どうして?お疲れ様でした。言葉がみつかりません。

| アンのママ | 2010/09/29 06:56 | URL | ≫ EDIT

ありがとう、こるりちゃん

いつも記事を読ませていただき感心していました。
天性の才能でしたね、こるりちゃん。
とってもおりこうさんなので、神様が早めにお呼びになったのでしょう。
きっと天国でたくさんの動物たちのお手本となっていますよ。
私も5月に愛犬を失い、どうにもならない気持ちと日々戦って
います。
どうぞ、ご自分を責めることなく、心穏やかな日が一日も
早く訪れますようにお祈りしています。

| Jamil | 2010/09/29 11:44 | URL | ≫ EDIT

お悔やみ申し上げます。
犬を教育できる、類い稀な犬でしたね。若いのに残念です。

| HS | 2010/09/29 12:13 | URL | ≫ EDIT

今までに何匹のワンコがこるり姫に正してもらえ、新しい家族のもとへ巣立ったことでしょう。

突然のことでご家族はもちろんアークのみなさまもショックを受けていらっしゃるでしょう。
こるり姫にはまだまだまだアークのワンコを教育してほしかったですね。残念です。
きっと虹の橋でも多くのワンコを教育してくれると思います。
どうか多くの友達と元気に走りまわってくださいね。
そしてそちらからパパとママを見守ってください。

| こむまま | 2010/09/29 12:25 | URL | ≫ EDIT

毎日ARKのしっぽを開いている大ファンです。

こるりちゃん、ありがとう。
私も犬のことを全然わかってなかった事を教えてもらって、
犬のルールとか楽しく知ることができました。ありがとう。
これからもこるりちゃんの仲間やKKさんに正しくたくさん教えてもらって、
生かしていくね。

| sak | 2010/09/29 12:32 | URL | ≫ EDIT

残念です。
こるりちゃんどうか安らかに眠って下さい。
そして、みんなを見守っていてください。
お父さんもお母さんもお力落としのことと思います
どうか、お体ご自愛ください。

| ももクリママ | 2010/09/29 12:33 | URL | ≫ EDIT

ありがとう

K.Kさん、本当にお辛いですね。涙を流しながら、いろんな想いで 一生懸命書いて下さったんですね。ありがとうございます。
熱中症対策も十分にされていて、心身ともに優等生だったこるりちゃんが、どうして?って、余計にショックですよね。
突然であっても、覚悟していても、どんな形であっても、我が子との別れは、本当に辛いものですね。
 
こんな時にこんな事をお知らせするのはどうかと思いつつ。 実は、いつ報告しようかと迷っていたのですが、カルアリが脾臓腫瘍でちょうど1週間前に脾臓摘出手術をしました。腹腔内の転移もひどく、今は最期の時のことばかりを考えているところです。K.Kさんはじめ、アークのみなさんにも相談にのっていただこうと考えていたところでした。
以前の愛犬を、14歳と16歳とはいえ、2匹とも癌で悲惨な亡くなり方をさせてしまったので、絶対に癌にだけはならさない!!という決意で、食べ物にはとても気をつけていました。
だから、ウチの子だけは癌になんて侵されるはずがない、と思い込んでいました。それなのに、と本当にショックです。

悲しいけれど、あとの3匹と、アークで待っているワンちゃんのお世話で悲しんでいる暇もない K.Kさん、こるりちゃんに みんなからのたくさんの「ありがとう」を伝えてあげて下さいね。そして、K.Kさんを待っているたくさんのワンちゃん・猫ちゃんのこと、これからもどうかよろしくお願いします。

| カルアリ母 | 2010/09/29 13:42 | URL | ≫ EDIT

お悔やみ申し上げます

ご冥福を心からお祈りします
こるりちゃん、天国で安らかに

| Sleeping Beauty | 2010/09/29 14:53 | URL | ≫ EDIT

K.Kさん、こんにちは。
ブログでいつもイイ味出してるこるりちゃんの訃報に言葉がありません。
大型犬の寿命は短いとはいえ、まだ半分もいってない命、
まだまだワンズやパパママと一緒に暮らしたかったと思います。

今年の夏は、いつも以上に暑かったので、ワンコも大変だったと思います。
去年亡くなった愛犬が今年もし生きていたら、高齢だし、
この暑さには耐えられなかったと思っていました。

こるりちゃんは虹の橋を渡って、これからはK.Kさんたちを見守ってくれると思いますよ^^
かもめちゃん達が、こるりちゃんの分も元気に長生きしてくれることを祈っています☆彡

| mih | 2010/09/29 15:11 | URL | ≫ EDIT

私は愛犬ころを旅行中に亡くしました。ドイツから帰ったらもう亡くなっていたのです。本当にショックでなぜ旅行に行ったのか、そのことすら後悔しました。私の帰りを待って待っていたと思うと泣けて泣けて…。心中お察しします。こるりちゃん、うちのころちゃんのお友達になってくれるかな。なにせ、「びびりのころちゃん」でしたから。

| まかりん | 2010/09/29 15:30 | URL | ≫ EDIT

こんにちは 初めて書き込みを致します。
いつもKKさんのブログを拝見して 我が家でこの5月に東京ARKから迎えた テオ(THEO) と我が家の先住犬との相性など先住犬による『教育』参考にさせていただきていました。特に『こるりやっておしまい』のくだり 好きでした。

このブログは私にとって「育児書」のような感じです。
このブログがあってこるりちゃんの教育の話があったからこそARKから2匹目を迎える事が出来ました。

我が家の近くに あのメイティがいます。メイティとっても立派なイケメンになっていますよ。

我が家のヤンチャTheoも虎の穴に送り込みたかった位です。

どうかどうかお疲れが出ませんように。

こるりちゃん お空で皆の事見ています。そして虹の国のお友達と仲良く遊んでいますよ。

| とらんぱ | 2010/09/29 17:01 | URL | ≫ EDIT

あまりに突然で信じられません…

ぐーぐの優しさや穏やかさはこの「虎の穴」で育ててもらったと思っています。こるりちゃん、ありがとう。
こるりちゃんの運んでくれた幸せはしっかり我が家に届きましたよ!

本当はここでこんな形ではなくてお礼を言いたかったです。
顔を見て、話をしながらありがとうと言いたかったです。

ご家族の慰めになる言葉が出なくてごめんなさい。
ご冥福を心からお祈りいたします。


| きたささご | 2010/09/29 19:29 | URL | ≫ EDIT

心からお悔やみ申し上げます

本当に、悲しく辛いです。おりこうさんで5歳という若さだったというのに・・・。熱中症の対策もしていたのに・・・・・・・

なぜ?なぜ?涙があふれ出てきます。きっとk・kさんの心の傷は深く大きいと思います。私も同じです。

でもきっと「こるりちゃん」は、お空の上から皆のことを見守ってくれています。
そしてお空の国のワンちゃんを教育しているでしょうネ☆★☆

| ねおん☆ | 2010/09/29 20:23 | URL | ≫ EDIT

心からお悔やみを申し上げます。
KK様の悲しさ、お察し申しあげます。
虹の橋で遊んでいるこるりちゃんを思っています。

| ソニアママ | 2010/09/29 22:50 | URL | ≫ EDIT

今日伺った際にはこるりちゃんのことを知らずに能天気にお話しさせていただいていました。
申し訳ありません。
今この訃報を知ってただただ泣いています。
若くして突然亡くなる命をおもうと本当に心が痛いです。
彼らはかけがえのない命というものをあらためて教えてくれているのだなと思います。

| サクラ里親 | 2010/09/29 22:52 | URL | ≫ EDIT

いつも、ブログ見てます。
愛の深さ故、後悔や悲しみも相当なものだと思います。
辛い中お知らせ下さって、ありがとうございました。

| ハリー | 2010/09/30 00:21 | URL | ≫ EDIT

心からお悔やみ申し上げます。
とても悲しいです。
でも、とってもとっても愛されて毎日楽しくて、
幸せに旅だった事と思います。

うちの子は中型の黒い子ですのでちょっと気になり調べてみました。
特に黒い毛色の犬は太陽の熱を吸収しやすく、パグなどの短頭種は呼吸でうまく熱が放散できずに熱中症になりやすいみたいです。

ここで発表されることを決められたのにも
天国のこるりちゃんからのメッセージも何かあるような気がします。
もう少し熱中症のこと、少し勉強してみようと思います。

こるりちゃん、いつもブログで楽しく読ませてもらっていましたよ。
良い人生で良かったね

| MARS | 2010/09/30 00:26 | URL | ≫ EDIT

 こるりちゃんはたくさん仲間の教育をして人や犬達に多くの幸せを運びました。きっと今回の犬生の役目を全部果たしたんだと思います。神様がもう戻ってきていいと言ってくれたんじゃないでしょうか。かわいい子との別れは本当に辛いと思います。。。KKさんやこるりちゃん、アークのみなさんの努力は確実にたくさんの幸せの連鎖を作りだしています。

| くろ | 2010/09/30 00:42 | URL | ≫ EDIT

本当に残念です。
ご家族の胸中をお察しすると、本当に胸が痛みます。
大事な家族とのお別れ…想像しただけでも頭が真っ白になります。とてもお辛い事だと思います。
人間のほうとしては「ああしていれば。。。こうしていれば。。。」と考え出したら止らなくなりますよね。
でもK.Kさんの様な方のご家庭で家族の一員として暮らしていたこるりちゃんは幸せだったに違いありません。。。


| ぴよこ | 2010/09/30 23:33 | URL | ≫ EDIT

KK様ご夫妻、心からお悔やみ申し上げます。

お辛い中お知らせ下さいまして、ありがとうございました。

こるりさん、大好きでした。

アリガトウ。  安らかにお眠り下さい・・・・。


| たる猫 | 2010/10/01 01:51 | URL | ≫ EDIT

言葉になりません。。。
こるりさんには会ったことがないですが、いつも「しっぽ」でKKさん宅のお子達を拝見しており、表現豊かでかつ凛とした姿に毎度惚れ惚れしていました。きっと、KKさんご夫妻とお子達は、深い愛と絆でつながっているのでしょう‥と画面上でもわかるほどです。
きっと、お優しいKKさんですから「こうしておけばよかった」と悔やんでおられるかもしれませんが、考えて、考えて、考え尽くしたら、「もう気が済んだ?」とこるりさんが笑ってくれますよ。私は前の愛息子のことを考え尽くしたら、サブに出会えました。サブのARKナンバーは1518(一期一会)なんです。KKさん、そしてARKの皆様、素敵な出会いをありがとうございます。

| サブ姉 | 2010/10/01 22:36 | URL | ≫ EDIT

こるりちゃん おつかれ様でした。kkさん夫妻 ご自愛ください。
熱中症ですが、我が家のわんこも今年5月の末に経験しました。
外は汗ばむほど暑かったのですが、家の中は日光もはいらずその朝はホットカーペットをつけるほどひんやりしてたので、外出時には窓を換気ロックにし、カーペットは消し、エアコンはつけずに外出しました。
昼ごろ娘が1階に下りてきたときには体温41.6度、意識朦朧で痙攣を起こしている状態でした。
急遽、動物病院へ連れていきました。血液検査の結果と氷で冷やして体温が下がってきた事から熱中症しか考えられないといわれました。
うちのわんこは15才のトイプードルで、高齢のためだったかもしれませんが油断は禁物だと思いました。

| Coo | 2010/10/02 18:29 | URL | ≫ EDIT

虎の穴の大ファンです。
心からご冥福をお祈り申し上げます。
ありがとう。こるりちゃん。

| Tykee | 2010/10/03 10:03 | URL | ≫ EDIT

こるり・・突然の訃報に驚き、言葉がないよ。。

突然の納得し難い死は、受け入れがたいものです。
あれだけ高度な飼育管理と、わが子以上の想いで暮らしていても・・信じられない。。
獣医師の「なるときにはなる」という医学かぶれの言葉は、好きではないな。。


きっと、ものすごくきつい時でしょう。
俺は、梅乃介の時、今思うと、時に身を任せるようにもがいていた気がします。
いつか、こるりに「よく生きてくれた!、ほんまいい仕事したな、おつかれさん」と言える日がくることを祈ってます。


こるり、普通の犬が残せないものを・・ありがとう。。

| kiyo | 2010/10/03 12:28 | URL | ≫ EDIT

私が今一番気にかかること、それはK.Kさんご夫婦のこと
なぜ、どうしてと原因を探し、自分達を責めていませんか

うちの子を病気で失くした時も私たちの何が間違っていたのかと
考えて考えてつらい日々を何カ月も過ごしました。
仕事をしていても、スーパーであの子の好きな野菜を見つけても涙があふれてました。
きっと誰のせいでもないんです。みんな幸せだったんですから。
だからK.Kさん、旦那さん、自分を責めないでいてください。
私からのお願いです

| Y.K | 2010/10/03 21:40 | URL | ≫ EDIT

思いがけず、こんなにたくさんの方々からコメントをいただけたこと、
皆様のお気持ちに感謝でいっぱいです。

私達とこるりに、あたたかいお言葉をかけていただいて、
本当にありがとうございます。

こんなにたくさんの人と犬に影響を与えていたこと、
気にかけていただいていたこと、愛されていたこと、
気づいていませんでした。

改めて「しっぽ」の影響力の大きさを再確認させていただきました。
これからもアークの子達のためにがんばります。

支えてくださる皆様があってアークは活動できています。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

| KK | 2010/10/05 14:07 | URL | ≫ EDIT

お悔やみ申し上げます。
本当に残念でなりません。
私も、もう5年も前になりますが、七年間飼っていた犬を亡くしました。名前はナチと言います。彼もまた、捨て犬でした。
ナチが死んだ時、私も同じように自分を責めました。
疲れているからと何度も散歩に行くのを遅らせたこともあったので、自分が情けなく、その日は涙が止まりませんでした。
それに、ナチの死因は未だに分からないままです。
ナチがいなくなったショックで、その日私は眠れなかったのですが、突然「寝て!」という声がどこからともなく聞こえ、そのまま倒れるように眠りにつきました。その時、夢でナチがこう語っていました。
「僕は幸せだったよ。7年間という短い間だったけど本当に幸せだったんだよ。あの時、本当はなくなってしまっていたかもしれない命が七年も長くのびたんだよ。だから、もう泣かないで。僕のこと思い出して笑ってよ!!僕はみんなが泣いてるのが一番嫌いだったこと知ってるでしょ?だからもう泣かないで。今まで本当に有難う」
そう言い残してナチは虹の橋を渡って行きました。
ナチがそうだったようにこるりもKKさんが泣いているのを見るのが一番つらいと思います。
どうかご自分を責めないでください。
それはこるり自身が一番望んでいないことだと思います。
私たちがこるりから学んだことを胸に笑って生きること、それが今のこるりが望んでいることだと思います。
不思議な話ですが、たまにナチが帰ってきているような気がするときがあります。
そんな風にまた指導しなければならない子がいたら、また指導してくれるのではないでしょうか。
こるりはこれからもKKさんの側にいますよ。

| 犬大好き | 2010/10/06 17:47 | URL | ≫ EDIT

こるりちゃんの事は過去のブログで読ませていただいておりました。私も過去に天国にいった愛ウサギと愛犬をおもうと心をつつかれた気持ちで何年たってもいつまでも心にちくっとしますが今では涙なしでありがとうとおもいかえせる様になりました。KKさんご一家が涙なしでこるりちゃんのすてきな思い出をおもえかえせるようになりますように。こるりちゃん天国でKKさんたちを見守っているのですね。KKさんご一家そしてこるりちゃん、どうもありがとうございます。

| m | 2010/10/06 23:22 | URL | ≫ EDIT

ご冥福をお祈りします。
いつもブログで楽しく読ませて頂いてました。。。
こるりちゃんは、きっと、いい子すぎて
神様に早く呼ばれたのでしょう。
お辛いでしょうが、どうか少しでも元気を出してくださいね。
私も、愛猫を亡くした時に、
「あまり泣くと、猫ちゃんが悲しむ」と言われて我慢したのですが、あとから考えると、それはあまり良くありませんでした。
泣きたい時は、泣けばいいと思います。
それが自然です。
悲しみも涙も癒える事はありませんが、
少しづづでも、前進できること、
陰ながら応援しております。

| すうちゃん | 2010/10/25 15:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT