PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジローが失ったもの

jiro10_1.jpg

子犬の頃にアークへ保護されもう7年。従順で人間が大好きなジローちゃんがどうして今までリホームできなかったのかというと、それは、「怖がりさん」だから。知らない人にも甘えられるのは犬舎の中だけ。お散歩も慣れたスタッフとじゃないと行けません。散歩中、ハイカーさんなどの知らない人と行き違うだけで、もう怖くて前へ進めなくなってしまいます。怖い対象なんて何もないときに急にへたり込んで歩かなくなることも。


jiro5_1.jpg

ある日の夕方のこと、それは突然のことでした。ジローちゃんの目に異変が現れました。左目が目やにで塞がり、腫れていました。昼間はなんともなかったはずなのに。最初は目に異物が入ったか、傷か何かが原因で結膜炎になったんだろうと思いました。

診察の結果は、緑内障でした。


jiro14_1.jpg

緑内障は、重症だと痛みも伴うそうで、元気がなく沈んだ様子のジローちゃんを見ているのはとても辛かったです。目を引っ掻くといけないのでエリザベスカラーは外せず、狭いケージの中で安静にする日々。どれくらい辛いのかとか、痛いのかとか、こちらは想像するよりほかなく、ただ見守ることしかできませんでした。


jiro8_1_1.jpg

お薬を飲んで点眼を続けても、眼圧が一向に下がらないため、眼球を摘出することが検討されました。眼球を摘出をしてしまえば、原因が取り除けるので、点眼やお薬を飲み続けたり、通院を続ける必要もなくなります。

それでも、手術を終え、退院してきたじろーちゃんの顔を見たときは正直ショックでした。左目の周りの毛は刈られて、腫れた瞼は糸で閉じられていました。わかっていたことだけど、これから順調に回復するのか、ちゃんと生活していけるのか不安もよぎりました。でも、そんなのは取り越し苦労となりました。


jiro6_1.jpg

犬ってすごいです。片目の視力を失うくらい、大したことないんですね。だって、ジローちゃんたら、両目が見えていた頃と変わらず、狭い林の中だって、猛ダッシュで駆け抜けていくんです。見ているこっちがハラハラしちゃう。特に不自由を感じているようには見えず、慣れてしまえばどうってことないみたいです。

今は残された右目が緑内障にならないよう、予防の為の目薬を続けているのみです。
最初の頃は嫌いだった目薬。目をぎゅっとつむって体を捩じらせて拒んでいました。今では名前をよべば目の前にお座りして大人しく点眼させてくれるようになりました。そのあと褒められたりおやつをもらえるのが嬉しいのかな?


jiro12.jpg

緑内障だとわかって、眼球の摘出をする話が出た時は、ジローちゃんの一生に不安を感じ、予測のつかない未来に担当スタッフみんな落ち込んだけど、片目を失っても、ジローちゃんはジローちゃんのままでした。あいかわらず甘えん坊で、食いしん坊で、時々空気が読めなくて、時々ノワに怒られて、やっぱり外の世界が怖くって・・・。

jiro9_1.jpg

私たちはこんなジローちゃんに里親さんを見つけ、幸せになって欲しいと思っています。
スタッフの一人が自宅や実家に度々連れて帰り、ARKしか知らなかった怖がりのジローちゃんの社会化訓練をしています。車にも慣れました。室内では排泄しません。甘えん坊さんで、ベッドの上が大好きで、おもちゃで遊ぶのが大好きなジローちゃん。怖がりさんなことを理解してもらえるなら、室内飼育向きの良きパートナーとなること間違いなしです!


| | 11:12 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

初めまして

初めてコメントします。アークの会員で毎日のぞいてます。本当にスタッフの皆様には頭がさがります。  我が家にも昔両目が白内障で見えなくなったワンコがいました。しかもその子供も大人になってから遺伝でしょうか、目が見えなくなりました。でも2匹とも目が見えないなんて感じさせない行動力がありましたし、周りのワンコ達も協力的でした。だからジローちゃんにも頑張って欲しいです。ジローちゃん頑張れ!!

| ピーコ | 2008/06/22 22:13 | URL | ≫ EDIT

以前飼っていた犬は、両眼とも緑内障で視力はありませんでしたが、
16歳で死ぬまで、室内だけでなく、障害物を取り除いた慣れた庭で 実に自由に、楽しそうに過ごしました。
視力がないから、と特別の手間や介助は全く必要ありませんでした。
視力がないから不幸だなんて全く感じさせず、毎日明るく楽しく生きていました。
さらに、ウチの子供たちには、目が見えない事へ想像力や心配りややさしさ、さらには、文句も言わず淡々と生きる姿への敬意といったものまで教えてくれて...。
ジローちゃんが家庭に迎えられたら、ジローちゃんはそのご家庭に 実にたくさんのすばらしい事を与えてくれると思いますよ。
ジローちゃんに あたたかい出会いがありますように!

| かるちゃん | 2008/06/23 11:02 | URL | ≫ EDIT

我家に長女(キジ猫11歳)も右目のみです。。。右目だけでも活発で、虫取り名人(猫か?!・笑)他の猫達にも、部屋に入ってきた虫を捕って分け与えてます。ジローちゃんは、スタッフの方々の心配の種を取り除きたいと考え、毎日頑張っているのだと思います。ジローちゃんはスタッフの方々、同居犬達に支えられているので、とっても幸せなのだと思いまよ!
・・・もちろん、里親さんが決まる事も願っていますが。
ジローちゃん。。。頑張ってる姿に勇気付けられます♪
ありがとう!

| ikko-boo | 2008/06/24 10:06 | URL | ≫ EDIT

ジローちゃんの赤い糸

昨年4月の朝、お向かいの病院の駐車場に 緑内緒の為 両目が見えず、脳障害でくるくる回るだけしか出来ない ガリガリで背骨が浮き出た柴犬が捨てられていました。
「夏まで持たないだろう。」と 獣医から言われましたけど 今も私の部屋で 他の犬や猫たちと暮らしています。
確かに ご飯も食べるのも 水を飲むのも トイレも人の手が無いと 満足に出来ませんが この子の「生きよう」と頑張る姿勢は 周りに感動と優しさと勇気を 与えてくれます。
ジローちゃんにも 必ず赤い糸が有ると 信じています。
ジローちゃん、頑張ってね!

| エコちゃんの母 | 2008/06/25 12:26 | URL | ≫ EDIT

先日ARKへお邪魔した時、偶然走り回っているジローに会いました。まじかで左目を見るまでは片眼が無いジローだなんて、まったく分かりませんでした。元気一杯の良い顔でした!我が家には、両目が白内障の5歳のウサギがいます。はじめは少し不安そうでしたが、すぐに慣れた様で今では高さ60cmのケージに飛び乗ってしまう程、以前と変わらず元気です。本当に白内障なのか?と思う事がよくあります。痛みが伴えばまた別だと思うのですが、こっちが思っている程、あまり気にしていないのかも知れませんね(^_^) 動物って凄いですね。身体は大きく無いけど、とてもとても大きく見える事が多々あります。

| ころこ | 2008/07/07 12:11 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです!

最初ジローが手術すると聞いてとても心配でしたが、すごく元気そうで安心しましたっ!!
早く里親さんが見つかるといいですねっ☆

落ち着いたらまたボランティアに行きたいと思っていますっ!!
スタッフさん方もお仕事頑張って下さいっ

| トラ | 2008/07/13 13:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。