2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

≫ EDIT

タークィン、三角跳び禁止令発令

20070626093655.jpg

ある日のこと、タークィンの散歩をしていたスタッフが歩行の不自然さに気づきました。

足を引きずるような、ガクッと躓くような仕草を見せたのです。それから数日の間、犬舎内でも足を上げたり痛そうな様子が見られるようになりました…。
診察を受け、レントゲンも撮ってみましたが、異常なし。現時点では、「はげしい運動からくる使い痛みのようなもの」とのことですが、このままでは大病に繋がる可能性もあります。
必殺技の三角跳びにドクターストップが入りました。。。


20070626093639.jpg

獣医さんは簡単におっしゃいますが、これが結構難題。
狭い場所へ移せば今度は違うストレスに繋がるし、人がそばにいれば落ち着いてるタークィンだけど、ずっと一緒に居る訳にもいきません。
みんなであれやこれやと知恵を絞り、小屋の位置を変えてみたり、いつも足場になる壁に大きなチリトリを障害物として引っ掛けてみたり、水飲みバケツを犬舎の真ん中に置いてみたり…。そんなこんなで、犬舎内での三角跳びはできなくなりました。
それから痛そうな様子や歩行時の不自然さはなくなりました。

でも、彼の溜まっエネルギーをどこかで発散させなければ…!


20070626093649.jpg

犬舎以外に、通称“リング”と呼んでいる林の斜面をフェンスで囲った、運動場のような場所があります。リードを外して運動させる場所です。タークィンももちろんリングが大好きで、いつも端から端まですっごい笑顔でダッシュしまくっています。その後は犬舎でも静かに寝ていることが多く、いいストレス発散になっているようです。
でも、リングでも跳びます。リングでは助走が長く取れる分、高さもひねりにも磨きがかかり、それはそれは見事なムーンサルトが杉の幹をステップにひらりと宙へ舞いあがるのです。
「北京オリンピックの金メダルはタークィンがいただきさ~!!」…そんなバカなことも言ってられなくなりました。
大好きなリングも禁止です…。


20070626093701.jpg

足の為とは言え、あれも禁止これも禁止では、運動不足になるしストレスも溜まってしまいます。今できることと言えば、長い散歩に行って気晴らしをさせること、Tタッチやノーズワーク、タークィンの好きなグルーミングやマッサージなどで、ストレスが溜まらないようにしてあげることなどでしょうか…。


あぁ~、時間がもっといっぱい欲しい!!タークィンにゆっくり十分な時間を取りたい…。
っていうか、あの子にも、この子にも。。。







FC2ブログランキングに参加しています。あなたのワンクリックが彼らを救う

人気ブログランキングにも参加しています!こちらもクリックお願いにゃ~♪1日1回有効にゃ~









| | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャックの問題行動

20070619085822.jpg

ジャックラッセルテリアの“ジャック・トゥー”です。


20070619085938.jpg

アトミと二人暮らしでしたが、あまり相性がよろしくないので、仔犬たちと一緒にしてみました。
アトミとジャックはいい遊び友達になれそうだと思っていたのですが、アトミはジャックを相手にせず、ジャックはアトミを怖がるようになってしまいました。それで、体格も同じくらいの、遊び好きな仔犬達と一緒にしてみたという訳です。

20070619092251.jpg

ジャックは水遊びが大好きです。川の中へジャブジャブ入って仔犬と追いかけっこをしたり、ボールを咥えて遊んだり、とっても楽しそう。(うーん、ペアを変えてみてよかった。)


そんなジャックですが、ある問題行動を抱えていました。
自分のしっぽを追いかけて、吠えながらくるくる回ることです。
こんな感じ↓(わかりますか?)
20070619090102.jpg


20070619090108.jpg


引き取った当初は、手の付け様もないほど激しく回り続け、しっぽに咬み付く為、血だらけでした。ジャックラッセルテリアはかなりの運動量を必要とする犬種です。運動が足りないとストレスが溜まり、問題行動に繋がります。ジャックの場合は、「自分のしっぽを追いかける」ことで溜まったストレスを発散させていたのです。

断尾されたしっぽに口が届いて傷つけてしまう為、残っていたしっぽをさらに断尾して届かないようにし、彼のリハビリが始まりました。

20070619193053.jpg

しかし、4年間もの間続けてきた癖です。そう簡単には完治しません。
それでも、レメディやクリッカートレーニングの甲斐あって、最近は回転の速度も遅くなり、回っても2~3回。自分から止まるようになりました。

回りそうな時は、事前に表情や仕草でわかるので、回ってしまう前にこちらに関心を惹けば回りません。ありがたいことに、ジャックのストレスサインはとてもわかりやすいので対応しやすいです。
気をつけているのは、回っているジャックに大きな声でわぁわぁ言わないことです。余計興奮してしまうからです。
それでも回っちゃった時は、回るのが止まった時に静かに声をかけ、スワレをさせて褒めるか、褒めてご褒美のおやつをあげるなどしています。その時々で対応は変えてきましたが、落ち着いた状態を強化すること、まずはこちらが落ち着いて、冷静に対処することを心がけてきました。

20070619085951.jpg

ARKでできる問題行動の改善はここまで。あとジャックに必要なのは、やさしく見守ってくれる家族と信頼関係を築くことだけです。

活発で大型犬並みの運動量を必要とするジャックですが、抱っこが大好きでとっても甘えん坊さんです。
引き取り当初は、体を触られることにも慣れておらず、威嚇したり、緊張から、回るきっかけにもなっていましたが、今は体のどこを触られても平気。車も好きみたいです。犬とアクティブに暮らしたい方に是非里親になってほしい子です。





FC2ブログランキングに参加しています。あなたのワンクリックが彼らを救う

人気ブログランキングにも参加しています!こちらもクリックお願いにゃ~♪1日1回有効にゃ~







| | 22:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボスの災難

ボスは8才になるオスのラブラドール。
ARKには、メスの黒ラブミックス、クロちゃんと一緒に引き取られました。
クロちゃんは里親さんが決まり、ボスは、今、ひとりです。

20070612221251.jpg

ボスは人が大好きで天真爛漫、ラブラドールらしい子ですが、周囲の物音や他の犬の鳴き声などに過剰に反応し、落ち着きがなく、ずぅ~っと犬舎内を走り回り、ワンワン鳴いています。
そのせいか、ARKに来てからずいぶん痩せてしまいました。病院へ行き検査もしましたが、特に異常なし。
やはり、「疑わしきはストレス」ということで、人通りや刺激の少ない場所へ移動をしてみたものの、それほど効果もなくいつもそわそわしています。まぁ、そもそもARK内に落ち着ける場所があるのかが疑問ですが…。どこも犬舎や猫舎が所狭しと並んでいて、静かな場所なんてありません。
それはまた別の問題として、今回、ボスに降りかかった災難とは…。

20070612221446.jpg

2日くらい前から嘔吐が続いているとのことでクリニックに治療にやってきたボス君。
なんと、その嘔吐物の内容が、「プチトマト」、「ゆで卵」、「リンゴ」、「しらす」…!
ARKでは基本的に人間の食べるものは与えていません。しかも、ボスは体重管理の為、決まった処方食しか与えていません。なぜそんなものを吐いたのか、担当のスタッフにも心当たりが全くないと言うのです。

とにかく、脱水しているため、点滴をすることに。点滴の準備ができるのを待つ間、部屋の中をウロウロするボスに、とりあえずタオルを敷いて「ここに寝ときぃ」と言うと、素直にその上で丸くなりました。

20070612193232.jpg

いつもは屋外犬舎で暮らしているボス。片付けや準備などでバタバタと人間が動き回る室内で、じっと丸くなってるボスを見ていて、切なくなりました。
ボスは、人が大好きなんです。人のそばにいれば落ち着くんです。屋外犬舎での暮らしは彼にとってはとても孤独で辛いものだったのです。
たった一枚のタオルとそばに人がいるだけで、彼は安心できるのです。


ところで、なぜ、プチトマトやゆで卵などを嘔吐したのでしょうか?
決められた処方食しか与えられていないボス。散歩や給餌、犬舎の掃除など、日頃の世話はスタッフしか関わっていませんでした。考えられるのは、外部の人間が犬舎にやってきて、故意に与えたということです。非常に残念なことです。
おそらく、ボスにそれらの食べ物を与えた人も、悪気があったわけではないと思います。痩せている彼を不憫に思い、良かれと思って与えたのかもしれません。

20070612193225.jpg

ARKはどなたでも自由に見学ができます。どこでもオープンです。衛生面や個人の生活スペースなどを除いて、基本的には立ち入り禁止エリアというものがありません。
来苑者には、おやつを与えないことなど、事前にお願いしていますが、ずっと見張っているわけでもありません。

すぐにお腹をこわす子、フードを持っている手ごと口に入れてしまう子、フードを守る子、投げ入れられたおやつを取り合って、ケンカになる場合もあります。そのケンカが原因で、今まで一緒に暮らせたのに別々に飼育しなくてはいけなくなる場合もあります。人や犬が大怪我をすることもあります。下痢をして体調を崩す場合もあります。ボスのように、嘔吐をして、点滴の治療まで受けなければならない場合もあります。これら、様々なケースのトラブルを避けるため、絶対に食べ物を勝手にあげないで欲しいと思います。あげたい場合は、スタッフに確認をとって欲しいと思います。
しっぽを振って近寄って来たからといって、手を出すと急に咬む子もいます。いくら注意書きをしても、声をかけても、守ってくださらない方は残念ながら絶えません。

ARK内がどこでもオープンなのは、ご来苑の方々のモラルを信じてのことです。


20070612221257.jpg

ボスの里親さんを、ここで改めて募集します。
「一時預かりなら…」というご家庭も是非一度ARKへご相談ください。
ボスが安心して眠れるように、暖かい家庭で暮らせるように、これ以上痩せてしまわないように、1日も早いお申し出をお待ちしています!




FC2ブログランキングに参加しています。あなたのワンクリックが彼らを救う

人気ブログランキングにも参加しています!こちらもクリックお願いにゃ~♪1日1回有効にゃ~







| | 23:14 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

里親会のお知らせ

6月10日(日)
神戸サザンモール六甲にあるGREEN DOGさんにて里親会が開催されます!
GREEN DOGさん、いつもご協力感謝しております。
詳しくはこちら

20070607232642.jpg

僕らが参加予定です。
みなさん、会いに来てね!!


20070607232703.jpg

右:オーソーシャープです!
左:ピンザです!
毎日好き嫌いなくいっぱいごはんを食べて、躾のお勉強をして、元気いっぱいすくすく育っています。


20070607232655.jpg

右:僕はニルコ。いつも自然いっぱいの中で暮らしているから、人や車がたくさんのところに行くのは、僕らの社会勉強にもなるんだぁ。
いろんな人に出会いたいな!



当日会場にいない子の里親になることももちろん可能です。
写真でARKの子達に会えます。気になる子が居たら、スタッフに聞いてください。
里親になる事前の面接だけや、里親になるのに疑問質問のある方も是非この機会にどうぞ!
能勢のARKまではなかなか足を伸ばせない方も是非お越しください。



FC2ブログランキングに参加しています。あなたのワンクリックが彼らを救う

人気ブログランキングにも参加しています!こちらもクリックお願いにゃ~♪1日1回有効にゃ~







| 広報・イベント | 23:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サシーとセシー

20070501213733.jpg

サシーです。

20070501213739.jpg

セシーです。

20070501213726.jpg

時々、ケンカもしちゃうけど、ふたりはとっても仲良し。いつも一緒です。
ちょっと人見知りなところもあるけど、初対面のボランティアさんとも上手にお散歩できます。

20070501213750.jpg

ARKに保護されて、いつのまにかもう6年の年月が過ぎ、10才を超えてしまいました。老後は静かに自分だけの家族を持って暮らさせてあげたいです。…とは、いうものの、老後なんて言葉とは縁遠い、元気いっぱいなサシー、セシーです。ごはんの時間なんて、ぴょんぴょん飛び跳ねて催促。自分のごはんは早々に平らげ、となりの犬舎の子のごはんを狙う食いしん坊さんです。

サシー、セシーの毛並みはやわらかくてふわふわ!その独特の触感に出会ったとき、あなたは里親にならずにはいられない!

早く会いに来てくださいね!





FC2ブログランキングに参加しています。あなたのワンクリックが彼らを救う

人気ブログランキングにも参加しています!こちらもクリックお願いにゃ~♪1日1回有効にゃ~





| | 07:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月