FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

長老カポちゃん、おうちにゆく

先日、とっても嬉しいことがありました。

2015年12月、飼い主が亡くなり、11才で入所したカポタスト。
一緒に入所した3匹のうち、特に怖がりだったカポちゃん。
触れられることさえも怖くてたまらない、一言でいうとそんな子でした。

48372818_524227724743609_2870492343755079680_n.jpg



一緒に来た仲間のペンタとはあまり仲が良くなく、最初から別居…
一方、来年のカレンダーにも紹介されているトニックとは大の仲良し!

48371677_536254420188107_7336187544708579328_n.jpg


フレンドリーなトニックのおかげでカポちゃんも少しずつ心を開き、
アークに来て3年程経って、やっとまともに触らせてくれるようになりました。

慣れたスタッフに対してはプレイバウをしたり、横からこっそりと手や頬を舐めてみたりと
シャイながらも甘えん坊な可愛い子でした。

48383416_520712051769408_4185070889760456704_n.jpg


そんなカポちゃんが毎日お世話してくれるスタッフよりも大好きだったのが、
ベテランボランティアのNさん。
Nさんが来たときのはしゃぎっぷりといったらスタッフも嫉妬してしまうほど。。

でも私たちスタッフも絶大な信頼を寄せるNさんだからこそ納得のいくものでした。
きっとカポちゃんも私たちと同じようにNさんの人柄と温かさに惚れ込んでいたのでしょう。

月日は経ち、一緒に来たペンタは昨年12月に、仲良しのトニックも今年5月に、
新しい家族が見つかることはなく亡くなってしまいました。
カポちゃんも寂しかったに違いありません。

そんな中、カポちゃんの腰に悪性の腫瘍が見つかります。
治療も苦手なカポちゃんの性格と年齢も考慮して、
外科的な治療はせずに経過観察をすることになりました。

そんなある日、Nさんから連絡がきて、「カポちゃんを家族に迎えたい」と。
断る理由なんて一つもありませんでしたが気がかりなのは腫瘍のこと。
ですが、その腫瘍のことも含め、全てを受け入れ、それでも家族に、と決心してくださいました。
アークに入所して3年。ついにカポちゃんに家族が出来たのです。

48375671_2224923117828648_4967162452719435776_n.jpg


以下、リホームしてすぐのNさんからのおたよりです。

————————————————————————————————————————

カポタストですが、道中問題なく家に着きました。
車は経験済みなのか、意外とリラックスしてニコニコしながら座っていました。
途中で、「ねえねえ」と手で何か合図するので何かなと思っていたのですが、後でおしっこがしたかったのだとわかりました。
でも車の中では我慢していてくれたらしく、家に着いて玄関に入る前におしっこしました。
賢いなー、と思っていたら、ご飯食べてお水をたくさん飲んでから、リビングでおしっこしてしまい、
「賢いなー」は取り消しになりました。

48420263_367868923779303_3454106982565281792_n (1)


家に着いてからご飯もしっかり食べましたし、初対面の私の両親にも自分から寄っていって
挨拶していましたし、怖がることなく家の中を探検していました。
階段は初体験だったようで、少しこわかったようです。うちの家は階段が多いので、
慣れるまで階段から転げ落ちないようにしないと、と思っています。

カポタストは、基本は2階のリビングで暮らします。私の仕事部屋は4階なのですが、
2階でも仕事できるようにして、できるだけそばにいてやろうと思っています。

探検が終わってからは、最初は猫のように毛布に顔を押し付けてクネクネしてから毛布の上で寝ていましたが、
床暖をつけてやったら、まもなく床に直接寝る方が気持ちよいとわかって、床の上で爆睡中です。いびきかきますね。

48385652_288517461804011_9069517628183150592_n.jpg

48426371_343039776281699_5848945588212596736_n (1)

というわけで、家の中での生活や家族との関係には全く問題なく、
本人ももうすでに慣れてリラックスしていますので、ご心配ありません。

問題は例の大きな腫瘍です。しばらく静かに新しい生活に十分慣れてもらってから、
どうするか考えていきたいと思います。
難しい決断をしなければならないときはご相談するかもしれませんので、どうぞよろしくお願いします。

——————————————————————————————————

これを読んでスタッフみんな感涙です。
いくらなんでも初日にここまでくつろぐとは誰も思ってもみませんでしたが…(笑)
「本当に良かった」と心の底から思えるたくさんの幸せが詰まったリホームとなりました。

「犬は飼い主を選べない」と言いますが、もう今はそんなことはありません。
ぜひ一度、アークに遊びに来てみてください。
素晴らしい出逢いが待っているかもしれません(^^)

2019年ARKオリジナルカレンダー好評発売中!
来年のイベントはこちらから♪
スポンサーサイト

| リホーム | 18:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幸せレポート♪

いよいよ寒くなって参りましたが、皆さまお風邪など召されていませんか?
こちらは急な冷え込みで、体調を崩す子もちらほら。
みんな自分だけの家族が早くできるといいなぁ。。。

CIMG6631.jpg

でもそんな中、アーク歴の長い子や、ちょっと難しいかもと思っていた子たちのリホームが相次いで決まり、ちょっとウキウキなことも♪
皆さんにもウキウキをおすそわけしたいと思います!

まずはおなじみ、お山チームの最若手「カティーシャ」。
保護時、生後半年ほどだったカティーシャは、それまで人との触れ合いが殆どなかったので、人とどう接してよいのか分からない様子でした。
あれから2年余り。ほかの犬たちの見よう見まねで、人が来ると嬉しそうに腕の中に飛び込んで来たかと思えば、瞬時に冷めて小屋に入って行ったり、なんだか不思議ちゃんに成長。リホームはまだちょっと先のことだろうと思っていました。
ところがこのたびHPのカティーシャの写真に一目惚れしたご家族が現れ、色んな条件をすべて受け入れてくださり、晴れてヨメ入りとなりました!
Katisha.jpg
ヨメ入り当日。初めましての人に抱っこされて脱力できるって、、やっぱり不思議ちゃん。。

カティーシャと同郷のお山の子たち、まだまだ沢山新しいお家を待っています!!


お次はダックスのパッキー
道をトボトボ独りで歩いていたところを保護されたパッキー。警察で2週間飼い主さんのお迎えを待ってみましたが、現れませんでした。最近保健所が「殺処分ゼロ」を打ち出して飼い犬の引き取りを拒否するため、飼えなくなった飼主がどうしようもなくなって遺棄するケースが増えています。果たしてそれが正解なのかどうか。。もちろん殺処分はゼロがいいですが、簡単ではない問題です。
そんなパッキー、恐らく12歳かそれ以上か、、という感じの老犬でしたが、自分たちにはちょうどいいからとシニアのご夫婦のもとへ貰われて行きました。パッキーじいさん、ほんとに良かったね♪
Pakky2.jpg
アーク出身の先輩ネコと仲良く暮らすんだよ〜


そしてこちらも老犬、14歳のエルム
柴犬ブリーダーからレスキューした子たちの、最高齢のおばあちゃんです。
いつも来てくださるボランティアさんが「最後はお家でのんびりね」と迎え入れてくださいました。
Elm3.jpg
実はみんなのアイドルでした


そしてそして、アーク歴3年半のてまき
アークでは珍しいくらいに人見知りしないし、フレンドリーで攻撃性もないてまき。何でこんなに時間がかかっちゃったの?と思うくらいです。
新しいご家族は、16年前にアークからゴールデンを迎え、見送ってくださった方。てまちゃん、これからは大好きなお散歩もたっぷり行ってもらえるし、たくさん甘えられるね。
Temaki.jpg
アークに来る前は「鉄子」という、いかつい名前でした。。。


猫チームからもミラクルが。
百貨店のゴミステーションのトリモチにくっついて捕まった「梅子」です。
まだ生後2ヶ月ほどでしたが、野良のDNAをしっかり受け継いだ子だったので、馴れるのにかなりな時間を要しました。馴れたとは言っても、自分から甘えに来るなんてことは夢のまた夢。。リホームは遠い先のことだと思っていました。
でも里親さんは、そんな梅子に一目惚れ!ご縁というのは本当に不思議なものです。。
梅子ありきで相棒に選ばれたのは、これまた赤い糸を絡ませまくっていたレンゲ。ふたりとも末永くお幸せに♡
RengeUmeko.jpg
抱っこして記念撮影ができる梅子ではないので、キャリーに入ってハイチーズ。
そんな梅子がうらやましくて仕方の無い「わたがし」も早くご縁をつかめますように!!



この後も、ちょっと素敵なリホーム予定が控えています。
芸達者なアイツにもついにご縁が。。?


そしてこうなってくると、いよいよセラピーにもご縁が巡ってくるのではっ?と期待しちゃいます。攻撃性もなく、犬付き合いもよく、怖がりでもなく、とっても良い子のセラピー。こんなモデルポーズも朝飯前。
皆さん、どうぞ遠慮なくセラピーをもらってあげてください!!
Therapy.jpg
ブルーアイに合わせて、ブルーの首輪とハーネスをコーディネートしてみました♡
こちらは、グリーンドッグさんのチャリティ企画でご寄付いただいたものです。皆さま、ありがとうございます!




たくさんのカワイこちゃんたちが、皆さまのお声がけを待っています
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/1013

カワイこちゃんたちの里親になるには?
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/8



12月20日は、神戸GREEN DOGさんにて今年最後の里親会☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/1614

同じく12月20日、石神井PET SPAさんにて里親会☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/5274

12月30日まで、神戸GREEN DOGさんにてARK写真展開催中☆
http://store.green-dog.com/blog/gds/2015/11/post_197.php?utm_source=hootsuite

来年のカレンダーのご準備はお済みですか?
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/6266

トリマーさん、大募集中!
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/1825

| リホーム | 17:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大にぎわいなGW。

皆さま、今年のゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
ARKでは毎年、お客さんが多いだろうと思いきや、案外少ないゴールデンウィーク。
なので今年も静かなゴールデンウィークを過ごすつもりでした。

ところがどっこい。
うれしいことにお客さんがいーっぱい!!
ご縁をつかんだ子が何匹もいましたよ♪


トップバッターは、11歳のチャルメラ
CIMG2725.jpg
原因不明の発作持ちなのでなかなかリホームは難しいと思っていましたが、持ち前の明るさとオモチャで遊ぶ姿で、初めて犬と暮らす子供さんのハートをがっちりゲット!
いいご家族に出会えて本当にラッキーなおじいちゃん。残りの犬生たくさん楽しんでね♪

そして仲良し姉妹のこのはきのみ
CIMG2730.jpg
このはだけがいい人、きのみだけがいい人、これまでに何度かお声はかかったのですが、仲良しだから一緒に貰われて欲しい、、という願いが叶って、ようやくこの日を迎えることができました。いつまでも仲良く暮らすんだよ〜〜

続いて、チャルメラと同じお家から保護した10歳のラ王
CIMG4558.jpg
ARKに来たときはガリガリで頭のてっぺんがとんがっていて、ペランペランな犬でした。スタッフががんばって5kg増量したものの、ARKでは興奮しやすいからこれ以上は難しいかも、、と思っていたところに現れた里親さん。
こちらの里親さんはARKからの引き取りはラ王で3匹目。過去の2匹も老犬レトリーバーでした。これも過去の2匹が繋いでくれたご縁。ラ王、先輩たちに感謝して良い子で暮らすんだよ!

ホームページに掲載する前にご縁をつかんだミランダ。
CIMG4561.jpg
一ヶ月くらい放浪していたミランダは、その間に餌をくれていたお宅の子になることができました。
おそらく初めての室内暮らし。緊張することもあるだろうけど、がんばって立派な家庭犬になってね。

柴犬チームからご縁をつかんだのは、オリーブ
CIMG4590.jpg
先日のmagatamaさんでの里親会に連れて行ったおかげで、都会でのお散歩の様子や、新しい環境への順応スピードなどをお伝えすることができました。
しばらくは馴れない場所でのお散歩も緊張してしまうと思いますが、里親さま何卒よろしくお願いいたします!

そしてついに彼女の良さをわかってもらえる人に出会えたコメットさん!
CIMG4598.jpg
先住猫さんがいるお家なので、猫にもまったく無関心なコメットさんはピッタリ
キャラに似合わぬスポーティなハーネスを着けてもらった姿も見てやってください♪
CIMG4595.jpg
食い気ばかりにはしらないようにね、コメちゃん!

皆のアイドル、フロックスの姉妹のプリムローズデイジー
CIMG4602.jpg
先日もmagatamaさんまでフロックスに会いに来てくださったご家族で、15年前にも仲良し犬2匹を貰ってくださった方なのです。今回もやっぱり仲良し2匹を!ということで、ビビリんちょなデイジーとプリムローズを家族にしてくださいました。
家族写真を撮っている横で残されたフロックスが鳴くものだから、お母さんもお姉ちゃんも涙涙。。
でも大丈夫。フロックスももうすぐご縁を掴めそうですから♪


この子たちのほかにも、後日お迎えのメリーアンスキッフルどん兵衛などなど、たくさんの子たちにご縁があった今年のゴールデンウィーク。

でも、、、入って来た子もたくさん居たゴールデンウィークなのでした。。。
準備が整い次第またプロフィールを載せますので、引き続きなにとぞよろしくお願いいたしますm(__)m



5月10日は駒沢DLDさんで里親会☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/2571

5月10日は奈良FIELD NOTEさんで里親会☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/5946

5月17日は玉造magatamaさんにてチャリティーコンサート☆
http://www.magatama.net/19433/

5月24日はアーク同窓会☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/5945

アークの新グッズ作成に向け、イラストを募集しています☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/5832


| リホーム | 20:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ARKなウサギたち、卒業!

今日はとってもドキドキ、そして嬉しいことがありました。
アークで6年を暮らした、ウサギの兄妹ノバピーターが、ついにリホームしたのです。

6年前に保護したウサギがアークで産んだ子たちなので、珍しく年齢もはっきり分かっている2羽。
4羽産まれたうちの2羽は、現在お母さんウサギのピョンコと一緒に暮らしています。


貴重な子ウサギ時代の写真です♪
little.jpg
妹のピーターと、後にちらっと写っているのがお兄さんのノバ。
口に入れたくなるほど愛らしいですね〜


能勢生まれなので、他の保護ウサギよりも暑さ寒さにも強く、やや野性味のある2羽。
室内暮らしの経験が無いので、おトイレ癖もあまりよろしくなく、人懐っこいということもないので、リホームはちょっと難しいかも、と半ば諦めていました。

Nova.jpgpeter.jpg


でもやっぱり諦めきれず、ホームページにプロフィールを載せたまま、早や6年。
ついにこの日が訪れたのです!
しかも仲良し兄妹一緒に!
今回里親を申し出てくださった方は、数年前にアークから迎えてくださったウサギを亡くしたばかり。
悲しみの癒えぬなか、助けを必要とする子が沢山いるのだから、と気丈にお申し出くださったのです。

この2羽はとっても仲が良く、互いに依存しあっていて、体調が悪くて隔離したりすると、もっと具合が悪くなってしまうという有様。
もしもシェルターを巣立つ時が来るなら一緒がいいなぁ、というのがスタッフの願いでした。
里親さんもノバとピーターのことを考えて、2羽一緒に迎え入れてくださることになりました。

申し分のないお申し出でしたが、ひとつだけ心配事がありました。
それは、空輸をしなければならない、ということ。
つい先日もウサギのカンタが東京へ行き、飛行機に乗ること自体は問題無いことが分かっていましたが、なにぶん能勢を出たことがない2羽なので、ケージに入れての移動のストレスに耐えられるか、ということが気がかりでした。
お父さんのチップが車に乗ってすぐにパニックになり、怪我をしてしまったことがあったのでなおさらです。

万が一暴れても衝撃が緩和するよう、今回は段ボールに牧草を敷き詰め、その箱をキャリーケースに収めて移動しました。
20121107.jpg
心細くないよう、2羽一緒です。
空港までの車の中では、逆に心配になるほど静かで、とりあえずパニックにならないことが分かって一安心。
数時間後、無事到着を確認できてようやく心の底から今回のリホームを祝福したのでした。


早速里親さんからふたりの写真が届きました!
2012110715580000.jpg
初めての室内とは思えない落ち着きぶり。
ノバの新しい名前は「りゅう」くん、そして女の子のピーターは「あやめ」ちゃんになりました。ようやく女の子らしい名前をもらえて良かったね♪


箱の中ではノバの下に顔を突っ込んで不安げに見えたピーターでしたが、すぐにお家に馴れて、食欲も元気ももりもりだそうです。
DSC00789.jpg


見てください、このリラックスぶり。ノバの奥で、お腹を見せて寝ています。
2012110716440000.jpg


そんなこんなでドキドキな一日でしたが、動物の適応力には感服です。
これからの半生、2羽仲良く、甘やかされて暮らして行くことでしょう♪

里親の皆様、そしてこれまで応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!
ARKなウサギたち、これですべて卒業です!



11月10日は、駒沢のDog Life Designさんにて、東京アーク里親会☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/2571

11月11日『わんわんわんわん!』の日は、藤沢のドッグサロン鵠沼さんにて、東京アーク里親会☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/4574

同じく11月11日、奈良フィールドノートさんで、大阪アークの里親会☆
11時から、オリバーさんのお話し会もありますので、ぜひお越しくださいね!
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/4542




| リホーム | 19:16 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クレタ、リホーム☆

ついに!
この日がやって来ました!

昨日、クレタがアークを巣立ちました!


kureta201204123.jpg
過去にも里親希望のお話がなかったわけではありませんが、クレタには“難しいところ”があるので実を結ぶことはありませんでした。

保護したばかりの頃は、お散歩中にパニックになることがあり、ボランティアさんにお任せできない子でした。
人見知りだったし、130cmくらいの塀なら、ヒラリと飛び越える子でした。
強い引っ張り癖があったけど、慣れたボランティアさんならお散歩をお願いできるようになった頃、原因不明のてんかん様発作を起こすようになりました。
予防薬を毎日飲んでいても、発作を起こすのが怖くて、ARK外へのお出掛けは一切ありませんでした。

でも、私たちスタッフは クレタの可能性を知りたくて、去年初めて神戸の里親会に連れて行きました。
そこでのクレタは、普段のARKで見せる表情と同じで、イキイキしていて楽しそうでした。
もちろん発作も起こしませんでした。

それから、里親さんと運命の出会いをするまで、長くはかかりませんでした。

気がつけば、クレタがARKへやって来て、まる9年が経っていました。

クレタの可能性を知れて、長かったARKでの生活を終わらせて本当によかったです。
あの時に決断して本当によかった。


ご縁に恵まれず、アークでその一生を終える子もたくさんいます。
私たちが日々命と向き合う中で、一番無念で辛いことのひとつです。
幸せを手に入れた子には、彼らの分まで、幸せになってほしいと思います。



| リホーム | 10:20 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ARKイチオシ美人姉妹が巣立ちました~☆

20120210.jpg
今日、ARKイチオシ美人姉妹が巣立ちました~!

里親になってくださったのは、アトラスの里親さんです。
お庭をプラリーヌ達の為に仕切り、小屋を作って、しっかりと準備を整えて迎えに来てくださいました。
前から飼ってみたかったそうですが、ブログを見て、ピンときたとのこと。
責任を持って飼えるかどうか、熟慮した上で決心してくださったそうです。
ミルティーユもプラリーヌも新しいパパとママにすぐに寄って行って、興味津々のようでした。

寒いけど、積雪もなく晴天で、絶好のリホーム日和でした♡

| リホーム | 14:07 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やったね、ゼリンダ!

20110430b.jpg
今日はゼリンダがアークを巣立って行きました。
里親となってくださったのは、ゼリンダのお父さん犬、ザラのおうちです。

母犬のザンドラが貰われ、父犬のザラが貰われ、ゼリンダ&ゼルダ姉妹で暮らしているのを紹介したのは、3年前のことでした。
そして、去年の12月にゼルダが貰われて、ゼリンダだけが残っていました。
娘二人のことを、自分の娘が行きそびれているかのように、ずっと気にかけてくださっていたザラの里親さんは、ついに、ゼリンダを家族として迎える決断をされました。

ザラもゼリンダも尻尾フリフリ、お鼻ツンツンして、とても嬉しそうでした。


20110430a.jpg
もちろん、伝家の宝刀もしっかり継承されています。
いつもと違う状況にテンパっていたゼリンダも、おやつを見せられたとたんにハイタッチを連発していました。
ザラはすでに押され気味でした。
これからこの父娘関係がどうなるか、とても楽しみです。

大きくて、雑種で、人見知りで、恐がりで、いわゆる「貰われにくい」条件が揃っていて、里親さんに紹介したって散歩を拒否ってしまうし、シャイでなかなか素直に感情を出せないゼリンダだけど、そんな彼女が甘えてきたり、テンション上がって遊びに誘う仕草をするとき、愛しくてたまらなくなります。
諦めかけたこともあったけど、待ちに待ったこの日がやっと来ました!
里親さんには感謝の気持ちでいっぱいです!

なす・きゅうにいじめられて、独り部屋で暮らしていたビビちゃんもリホームできました。

辛い事や大変なことがいっぱいだけど、こういう日があるので、私たちは頑張れます!!


フィールドノート「アークサポートフェア」
日時:2011年5月15日(日) 11:30~16:00
場所:FIELD NOTE(フィールドノート)
〒630-8014 奈良市四条大路2-2-77
TEL: 0742-36-7227
FAX:0742-36-7228
http://field-note.main.jp/



| リホーム | 19:35 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。