≫ EDIT

ふわふわトウジARK1年生☆


少し前にFacebookに投稿したトウジのこと、みなさん覚えていますか?
ふわふわの白毛に、笑顔全開でスタッフにアピールするトウジ。
とーっても可愛いですよね!




こんなにしわくちゃになって笑顔を振りまいてくれるのは
信頼できるスタッフだけ。
信頼した相手には、こんな風に愛情表現も大サービス!!

そんなTHE 和犬なトウジは、シェルターに来たばかりの頃は
「一匹オオカミなオレ」全開で強気な態度に出ていました。

知らない人や自分より下と判断した相手にはマウントしてみたり…
他の犬に出会えば「オレに近寄るな!」と尖ったナイフなトウジ…。
和犬の血が騒ぐだけでなく、これまで他の犬や人との関わりを
学んでこれなかったので、仕方ありません。

そんなトウジもARKに来て1年が経ちました。
新しいお家でたくさんの愛情をもらうべく、
スタッフとともに日々トレーニングに励む様子を少しご紹介します!

トレーニングはDogs Trustのトレーナーさんにアドバイスをもらいながら行っています。
食べる事が大好きなトウジにとって、おやつを使ったトレーニングは効果バツグン!
最初はおすわりもできませんでしたが、今ではバッチリできるようになりました

イメージ 1
「にーちゃん、座ったで〜。」


アイコンタクトも取れるようになり、
こちらの言うことにしっかり耳を傾ける賢いトウジ。


イメージ 10
「その手に持ってるゴホウビくれ」

イメージ 12
「そうこなくっちゃ〜」

スタッフが何よりも気をつけていることは、
トウジにとってトレーニングがストレスにならないこと。
おやつを使いながら楽しく学べる時間であるように心掛けています。

トウジのいいところも悪いところも理解し、向き合って下さるご家族に出会えるまで
トウジのお勉強は続きます


そんなトウジ、保護された時はひどい状態でした。
外で繋がれ、ごはん以外はまともにケアもされていなかったため、
体をかゆがり、全身脱毛だらけ、やせ細っていて
とても2才には見えませんでした。

イメージ 17

イメージ 25

アークに来てからは、定期的にシャンプーをし、処方食で皮膚も体型も落ち着いてきました。
もともと皮膚が強くないトウジは、こまめに皮膚の状態をチェックし、
必要に応じて薬を与えています。
環境に慣れ、落ち着いた今では担当スタッフ以外がシャンプーをしても
うっとりするようになりました
もともとシャンプーが好きなようで、トウジにとっては至福の時間♡

image1-11-536x402.jpg
「イケメンになったと思わへん?」


image1-2-5-536x402.jpg
「新しいお家に行く準備万端やで〜!」

と、気合い十分のトウジ
紀州犬は気性が荒く、成犬からではトレーニングが難しいと
思われがちですが、時間をかけて向き合うことで
ぐんぐん吸収してくれます。

そして本当はとっても甘えん坊です。
まだまだ若いトウジに素敵な出会いがありますように…


能勢のシェルターでみなさまのお越しをお待ちしております


トウジのプロフィールはコチラ
http://www.arkbark.net/adopt/dogsosaka/2067/

8/20は東京アーク里親会 at PET SPA in 石神井公園
http://www.arkbark.net/about/events/adoptionevents/4401/

8/21は大阪アーク里親会 in 神戸 @ Green Dog Square
http://www.arkbark.net/about/events/adoptionevents/5799/

| | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

★パルスの成長記録☆

パルスについて相談があったのは、今年の3月。飼い主からの電話相談でした。

「犬が凶暴で噛みつくため、サークルに入れっぱなしにしているが、そこから出すこともできないため、保健所にも連れて行けず、困っている」

日に日に凶暴になり、今では散歩はもちろん、すでに数ヶ月間そのサークルから出していないとのこと。

サークル内に手を入れると噛まれるため、フードはサークルの上からばらまいて与えてられていて、トイレシートはご飯を食べているときに取り替えているとのことでした。

散歩にも行かず、小さなサークル内だけで数ヶ月間も閉じ込められていてはストレスが溜まるのも当然です。
カットも数ヶ月行けていないため、毛も伸びています。

CIMG9224.jpg

早速、スタッフで検討が始まりました。

パルスは元々散歩経験も少なく、他の犬に対する反応も予想できないため、アークにいる他の犬たちのことについても考えなければなりません。
アークは常に満床状態ですが、パルスのためにサークルの仕切りは2重に準備し、しばらくは柵越しに様子を見ていくこととなりました。

パルスの保護に向かうと、サークル内からうなり声をあげ、気も立っている状態。きっといつもと異なる只ならぬ雰囲気を感じ取って、パルスも緊張していたはずです。
分厚い手袋でサークルから持ち上げると案の定、手袋にガブリと噛みつきました。なんとかハーネスをつけ、いざアークへ向かいます。

パルス用のサークルはしばらくお散歩へ行けなくても十分遊べるほどのスペースを確保しました。また様子を見ながらいつでも散歩に行けるよう、ハーネスは着けたままにしました。

想像していたように、パルスは柵越しにこちらに唸り、威嚇します。手を入れようとすれば
すぐにでも噛みつきそうなほどのパルスの緊張状態がこちらにも伝わってきました。

スタッフの間にも不安は募ります。
事前に話は聞いていても、実際のパルスの様子を見てみると、いつか落ち着きを取り戻せる日がくるのかと心配になりました。

16-04-30-12-27-12-052_deco.jpg


まずは、犬舎スタッフにより”柵越しに優しく話しかけること”から始まりました。

最初は、話しかけても、唸ったり、鼻をムキムキとするばかり。
伸びきった顔の毛から時々見えるパルスの目は、穏やかに生活している犬たちとは明らかに違っていました。

ごはんやトイレシートの取り替える方法として1名がおもちゃで気をそらせている間にもう1名のスタッフがサークル内に手を伸ばし、取り替えます。

とにかくパルスに明るく話しかける事を続けました。

パルスが混乱しないよう、お世話をするのは決まったスタッフ2名のみ。
パルスが少しでも早く「安心できる人だ」と認識してもらうためです。

数週間後にはパルスの様子に少しずつ変化が見られました。”柵越しの話しかけ”にパルスが全く唸らなくなったのです。
それどころか、人が来て、話しかけてくれるのを待っているようにも見受けられるようになりました。

スタッフは足元を噛まれても大丈夫なように長靴を履いてサークル中に入ります。
きっと、同じスペースに人が入ってくるなんて、パルスにとっても久しぶりです。
パルスも少し驚いてどうしていいのか、分からない様子でしたが、すぐに足元で興味津々にピョンピョンと跳ねています。その様子からもパルスが生まれつき凶暴で、攻撃性がある訳ではないことは明らかでした。

手荒く扱われていたのか、特に手に敏感に反応していたため、驚かせないよう手を差しだしたりはせずに、まずは同じサークル内に入って人の存在に慣れてもらう練習です。

徐々に性格が明るくなり、スタッフが来ると尻尾を振って、舌を出して喜びをアピールします。スタッフも日々のパルスの成長が楽しみになりました。

DSC_02941.jpg

毎日の繰り返しにより、サークル内に一緒に座っておもちゃで遊べるまでになりました。
ハーネスの取り外しはまだ出来ませんが、おもちゃで遊びながら、気がつかないようにハーネスにさっとリードをつけます。

いよいよお散歩デビューです。
お散歩慣れしていないパルスは無駄に飛び跳ねます。
パルスはお散歩が大好きになりました。

ついに全身カットをしたパルス。表情は明るく、生き生きとしています。
DSC_0598.jpg

今度はハーネスの、取り外しができるようになれるよう、手に慣れる練習です。
一緒に座ると、嬉しそうに膝に乗って顔を舐めます。
こちらからはまだ触れないようにして、手は膝の上に置くだけです。
手に興味津々なパルス。
手におやつのチューブを塗って舐めさせたりと少しずつ手に慣れる練習です。
※動画もぜひご覧ください⇨https://www.youtube.com/watch?v=KQaUrNn9L4A&feature=youtu.be

DSC_0522.jpg

小さな積み重ねにより、今ではハーネスの付け外しや、抱っこもできるようになりました。
2週間前からスタッフの家に連れて帰り、様子を見ておりますが、他の犬たちとも仲良くできているようです。
(大型犬には反応して吠えてしまいます)

とても甘えん坊なパルスですが、後ろ足付近やお尻を触られることにはまだ慣れていないため、怒って噛むことがあります。また、お腹まわりをしつこく触っていると、衝動的に反応して噛んでしまうことがありますが、パルスも噛んではいけないことはわかっているようで、噛んだ後、いつも反省した様子を見せています。

パルスはこうして数ヶ月で著しい成長を見せてくれました。

_20160427_162705.jpg

精神的には子どものまま大きくなってしまったパルスですが、やっと人との信頼関係を持てるようになってきました。
敏感な動きに反応してしまうため、お子さんのいるお家にはおすすめできませんが、犬の飼育経験のある、大人の方だけのご家族を募集してみることになりました。
上手に付き合っていただける方、ぜひご連絡お待ちしております。

DSC_0652.jpg
いよいよ里親募集デビュー!!「おもちゃで一緒に遊んでくれる人、待ってま〜す!」

パルスの情報はこちら⇨http://www.arkbark.net/adopt/dogsosaka/6052/


7/24 神戸GREEN DOGさんにて里親会です☆
http://www.arkbark.net/about/events/adoptionevents/5799/

7/24 東京アーク里親会 at DOGSIGN in 神宮前☆
http://www.arkbark.net/about/events/adoptionevents/1541/

ARKのLINEスタンプ、好評です☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/6224

| 未分類 | 12:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

篠山だより Vol. 2

桜が満開の季節です
春2編集

篠山の怖がりワンコ達も散歩が待ち遠しくて仕方ありません。
スタッフがリードやハーネスを持って犬舎に入ると、それぞれに「待ってました!」といわんばかりに精一杯アピールします。ピョンピョン跳ねる子、自らハーネスに首を入れようとする子、喜びが抑えきれずにグルグル動き回ってハーネスがつけにくい子、散歩の前に「そうだ!お水飲んどかなきゃ!」とお水を飲み始める子など様々です。
そんな散歩好きの篠山ワンコ達がなんといっても一番楽しみにしているのは、毎日広々としたドッグランを独り占め、ないしはルームシェアの相棒と2匹だけで独占できることです。

20161111.jpg
ドッグランのパノラマ写真

犬舎からドッグランまで1秒でも早く到着しようと頑張ります。
そして、いざリードを離すとダーッと駆け出して行く様子はドッグレースのようです。
中にはフリーにしてもスタッフのそばから離れない怖がりな子もいます。
ディンとフィリッパ編集
『早く開かないかなぁ』(フィリッパ談)

ドッグランの中でも、その楽しみ方は十犬十色。楽しそうにニ匹でひたすら追いかけっこをする子もいれば、まるでウサギみたいに草をムシャムシャ食べようとするワンパクわんこや何か良いものが落ちていないかと地面ばかり嗅いでいる食いしん坊も。。。
スタッフがポケットに手を入れると、「おやつが貰えるかも!」とどんなに離れているところにいても飛んで戻ってくるおやつ大好きワンコたちもたくさんいます。
春3編集

ボールなどで遊ぶのが大好きな元気いっぱいワンコたちの喜ぶ様子が見て分かります。
シェルター暮らしのどんなワンちゃんたちにも楽しい時間を過ごせるようにと日々心がけています。

このドッグランは、毎年5月に開催されるARK出身の犬とその里親ご家族が集まる同窓会でも使用されています。(今年も5/15日開催。参加詳細はこちらから: http://www.arkbark.net/?q=ja/node/6573)

| 未分類 | 15:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2/21(日)神戸GREEN DOG里親会☆報告

2月21日(日)、月1回、恒例となったグリーンドックさんでの里親会 、
里親会前日、ザーザー降りの大雨 、明日お天気大丈夫かなぁ〜
なーんて心配をよそに、まるで夢のような春を思わせる快晴!やったー
きっと日頃の行いがいいのね〜と自画自賛しながら鼻歌まじりで神戸へと出発

以前、Facebookで紹介した“パにゅうム”3乳兄弟のうちの
1乳であるぎゅうにゅうが参加
CIMG8744.jpg

えっ〜れんにゅうとうにゅうは一緒じゃないの
そう、めでたくリホームしました!
なので、今回はぎゅうにゅうだけ、なんだけど本人は全く兄弟ロスにもならず、
元気いっぱい
到着早々、窓のブラインドの紐で一人遊び開始。。。
遊びに夢中になりすぎて、ときどき台からずり落ちてました〜
ま、どこのお家に行っても平気な大物であることには違いないかな
やはり、大物アイドル「パにゅうム」の1匹、ぎゅうにゅうもリホームしました〜
CIMG8780.jpgCIMG8679.jpg

「ん」黒い方はどこいった〜
みのるたん、今回2回目やん!
にもかかわらず、ひきこもってまーす
「それじゃぁ、リホームできないんじゃないのぉ〜
大丈夫!「安心して下さい、内弁慶ですよ
なれたら、べったり甘えてきます。
なっなんと 無事、リホーム致しました!
CIMG8782.jpg

さてさて、犬たちはどうしてるかな〜
参加メンバーで最年長きんとん
CIMG8736.jpg

のんびり、どっしり構えてるかと思いきや・・・
おもちゃ投げてもらって、かけてって、とってきて、渡して
投げてもらって、かけてって、とってきて・・・・の繰り返し
子犬ばりの元気度!まだまだ現役でーす
CIMG8715.jpg
CIMG8711.jpgCIMG8707.jpg

グリーンドックのスタッフさんのダックスもきんとんと同級生 
話が弾んでるのかしら〜
CIMG8745.jpg

今年のはじめにアークへやってきたビーグルのビクちゃん
とっても人懐っこく愛想もよく、子供ちゃんも平気、
他のワンちゃんとも仲良くできます
CIMG8720.jpg

なんだけど・・・
やはり狩猟本能がムズムズ〜めらめら〜するみたいで、
猫ちゃんがとっても気になっちゃうみたい
CIMG8684.jpg

でもね、見て〜!
私、こんなこともやっちゃうお茶目なのよ!
マッチはいいりませんか〜
CIMG8740.jpg

女優〜と、ビクの写真を撮ってたら・・・
「ボクも〜」とすごい勢いで、フレームインしてきた、子犬のヴィネィ
CIMG8693.jpg

とにかく、何にでも興味深々でやんちゃさん里親会でも大忙し〜
CIMG8737.jpg

遊びにきてくれたわんちゃんへ挨拶してたら・・・
CIMG8755.jpg

やっぱり遊びたくなっちゃったっ
CIMG8757.jpg

猫のご飯もきになるー
CIMG8741.jpg

あーやっぱりおもちゃで遊ぶぅ〜
CIMG8723.jpg

他にもアークの卒業生のクチャレちゃんを始め、
いろんなワンちゃんたちが、会いにきてくれました〜
みんな、ちゃんと挨拶できました!おりこうさんです〜
CIMG8700.jpgCIMG8788.jpg
CIMG8766.jpg

アークに家族3匹でやってきた育メンパパ犬
若くしてパパになったせいかな、その中でも、小型犬がお気に入りだった、
つぶらな瞳がチャームポイントマーチ
CIMG8794.jpgCIMG8727.jpg

はじめて家族と離れての行動で心配だったマーチが・・・
猫じゃらしで豹変!もしかして前世は猫?!
CIMG8730.jpgCIMG8732.jpgCIMG8733.jpg

そして、ドアのところに人があらわれるやいなや、
「お外行きたーい!」と、ピューンとドアへと飛んでいっちゃう
何度も脱走を試みて失敗してました〜
CIMG8739.jpg

白黒コンビのぎゅうにゅう&みのるは行動も対照的やね〜
子供ちゃんとも楽しく遊んでるぎゅうにゅう
CIMG8790.jpgCIMG8785.jpg

に対して・・・
「おーい、みのる〜」と猫じゃらしを見せても
「しーん・・・」無反応
CIMG8786.jpg

15時を過ぎるとちょっぴりおねむモードのビク
他の子達は終始元気いっぱいで疲れ知らず
みんな朝早くから1日お疲れちゃま
CIMG8792.jpgCIMG8702.jpg

最後の最後にぎゅうにゅうの横からみのるがちょこんと顔を出しましたー
でも、もう帰るんだけどね〜
CIMG8800.jpg


今回もまたまた今年に入ってアークにやってきた子達
予想外の発見もありの、賑やかな里親会でした〜

里親募集に興味を持って下さった方々
アークを応援してくださる能勢の子のスポンサーさん
毎回のように里親会へ愛犬とお越し下さる方
里親会を応援したいとチャリティーコンサートをご提案して下さった方
などなど
さまざまな出会いと新しいご縁も生まれた、とても素敵な一日になりました!
CIMG8797.jpgCIMG8678.jpg

里親会へお越し下さった皆様、グリーンドッグのスタッフさん、
本当にありがとうございました
今回も、グリーンドックさんから、ドックフードのご寄付を頂きました
いつも本当にありがとうございます
アークの子たちのために有り難く、使わせて頂きます

次回の里親会は春休み中の3月27日(日)です
ぜひぜひ、皆様のお越しをお待ちしています


次回は3/12東京アーク里親会 at Dog Life Design in 駒沢です☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/2571

3/26 石神井公園PET SPAさんにて里親会☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/5274

大阪のシェルターでは、トリマーさんを大募集中です☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/1825

ARKのLINEスタンプ、好評です☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/6224

| 未分類 | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サザク☆リホーム

ついに・・・
サザクが嫁ぎました!!

2012年にレスキューされた7匹のシーズーたち。
サザクもそのチームの1匹でした。

イメージ
「東京へやって来た頃のサザクとロンドン

みんな健康状態が良くなかったものの、穏やかな性格で順調に里親さんが決まっていきました。
でも、なぜかサザクにだけはお声がかからず、月日だけが流れていきました。

フォスターさん通信でも太鼓判のサザク。
他の犬も猫も子どもも問題なく、こんなに手がかからないのに決まらないなんて…
どんなに考えても、(推定)10歳という年齢、乳腫や鼠蹊ヘルニア・臍ヘルニア、処方食を食べていたことなどが唯一挙げられる理由でした。

sazak6.jpg
お気に入りのおもちゃはベッドに陳列


そんな中、さらに追い打ちをかけたのは、脾臓にできた腫瘍が見つかったこと。
摘出手術は無事にできたものの、「この先あまり長くないかもしれません」との余命宣告を受けたのです。
「今から無理に里親探しをするよりも、すっかり慣れているフォスターさんのお宅で余生を過ごさせてあげたほうが、サザクにとって幸せなのではないか」。
何度もスタッフと話し合い、フォスターさんにも今後の可能性を話しながらも「生涯フォスター」としてサザクの預りをお願いしました。その後は月に一度の血液検査、里親会嫌いのサザクにストレスをかけまいと、状態を見て参加をさせるのみとなっていきました。
肝臓の数値が悪くなり処方食を始めたものの、グルメなサザクは食べムラがあったり、それなのに太りやすかったり…
とフォスターさんを悩ませた時期も長く続きました。

それから数年。
決して健康優良犬とは言えないものの、いつの間にやら余命宣告もとうに過ぎ、里親会にも月に一回は参加させれるようになりました。

sazak5.jpgsazak4.jpg
sazak1_2016022715560488d.jpgsazak2.jpg
それでも嫌いな里親会。隙あらば誰かの膝の上へ…

やはり里親さんを見つけてあげた方がいいのではないか…という気持ちがまた徐々に出てきていたときです。
突然の出会いは去年の12月、最後の里親会でやってきました。
ず〜っとHPでサザクのことを気にかけてくださった方が会いに来てくれたのです!
サザクにとってもとても良い環境のご家庭で、すぐにでも決めたいと思いましたが、
ただ一つだけみんなが心配したことがありました。
それは環境の変化。今までずっとフォスターさん宅にいたサザクにとって、突然環境を変えてしまうことが果たして良いのだろうかということが気がかりでした。
でも、サザクの年齢も今までの病気の経緯も全て理解し、受け入れてくださった里親さんご家族・・・
先住犬もいたため、一か八かでトライアルをすることに。
トライアル期間が終わる2週間後に里親さんから届いたメールには、

「以前からいるように馴染んでくれたサザクちゃん。
食べ物があるんじゃないか、こたつによじ登る。
こたつで寝そべる旦那や娘に乗っかる。
家族が帰ってくると迎えてくれてる。
ごはんも残さず何でも食べてくれる。
本当に良い子さんです。

まだラグ(先住犬)がサザクちゃんを受け入れるのに時間はかかるかもしれません。
家に来るのが本当に良いのか正直分かりません。
でもサザクちゃんを我が家に迎えたいです。」

とあり、みんなの心配を見事に裏切ってくれたのです!

saza1.jpg
トライアル中も遠慮なしに食欲全開…


シニアを迎えるにはそれなりのリスクがあります。
それに加え、サザクには色々な疾患があり、
健康な子よりも、経済的・精神的に負担がかかることも事実です。
それでも新しい環境に馴染む適応力には力強さすら感じ、
なかなか里親が決まりづらい子たちの希望ともなりました。

サザクにはたくさんのファンがいて、ボランティアの皆さんにもたくさん可愛がってもらいました。
そして3年以上サザクをケアしてくださったフォスターさんに、この場をお借りして心よりお礼申し上げます。

saza.jpg
サザクとフォスターさん

サザクのこれから・・・
については、ぜひ里親さんのブログをご覧ください!


3/3〜3/27までヤナセ世田谷支店さんでコラボ展☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/6540

3/19はISSH・ファミリー・フェスティバル2016に参加☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/6541

大阪のシェルターでは、トリマーさんを大募集中です☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/1825

| 未分類 | 16:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

訳ありチワワのマッド君☆

なぜ「訳ありチワワ」なのか。

それは現在マッド君が、アークのシェルターではない場所にいるためです。
今日はその理由をお伝えしたいと思います。

ある日のこと、マッドの飼い主はマッドと飼い猫を置いたまま家を出ていってしまいました。
その後、2匹を見つけてくれた保護主さんが、里親探しをしてくれました。
猫には新しい飼い主が見つかりましたが、マッドには里親さんが見つからず、
結局アークへ入所することになりました。

保護主さんのおうちでは、攻撃性もなく大人しくてとってもいい子にしていたマッド。
でもどうやらマッドにはシェルターという環境がとってもストレスだったようです。

アークに来たばかりの頃はおとなしく、少し怖がりな性格な故に他の犬とも関わろうとせず、
まるで知らない学校に来たばかりの転校生のように1匹でポツンとしていました・・・。

アークのようなシェルターではどこにいても必ず近くに犬の存在があり、知らない人もたくさん出入りします。
そんな環境の中で、日に日にマッドの様子が変わってしまいました。

たとえ自分の部屋にいても落ち着くことができず、少しの音にも敏感に・・・。
知らない人には威嚇して激しく吠え、攻撃的な面も見せるようになってしまいました。

マッドが少しでもストレスを感じないようにと、スタッフでも話し合い、工夫をこらしましたが、
常に満床のシェルターには他の犬の存在を感じない場所などなく、マッドと十分に向き合う時間を取ることも難しい状況でした。

いつも散歩に行ったりご飯をもらっているスタッフには喜んで寄っていき、抱っこをせがんだりと甘えたな男の子なのですが、何かの拍子に怒りを爆発させることもありました。


でもそれは当然のことです。

飼い主がある日突然いなくなり、知らない保護主さんのお家へ行き、一緒に暮らしていた猫はいつのまにかマッドの前からいなくなってしまい、たくさんの犬や猫がいるシェルターに訳も分からず来たのですから。

ついにシェルターでの生活はマッドにとっては限界だと判断し、別の犬舎を担当しているスタッフの家に連れて帰ってみることにしました。

すると初日からすっかり落ち着いた様子で、シェルターにいる時のような目を剥いて必死に威嚇して吠える姿なんて一度も見た事がないとのこと。
サークル内でも落ち着いていて、ペットシーツでもきちんとトイレができています。
attachment04_2016021910264925e.jpg


日中のお留守番も大人しくできているようで、落ち着きを取り戻しつつあります。
人が動けばその後を必死についてきて、座れば膝の上、寝ればお腹の上にゴロンと寝転がって「撫でて!撫でて!」と前足を動かしてアピール。とにかく人が大好きで、こうしてずっと構ってほしくて仕方がないんです。
attachment03_20160219102655be6.jpg


でも、入所の時から顔まわりを触られるのが少し苦手なようで、いきなり触るとびっくりして怒ってしまう事はあります。ゆっくり撫でると大丈夫ですがやはり少し緊張した面持ちをしているので、何かのトラウマによるものかもしれません。病院などでは、とにかく緊張して固まっているだけで、攻撃性は全くありません。

おもちゃが大好きで投げると持ってきますが、途中で一人で遊び出し、それを取ろうとすると守りますが、
知らんぷりしてどこかに行こうとすると遊ぶのをやめて、慌てて追いかけてくるような素直じゃないかまってちゃん。
少し神経質でなかなか素直に自分を出せない不器用な性格ですが、本当は人が大好きなマッド君。
attachment00_20160219102652128.jpg



これまで人間の身勝手により、マッド君にとっては全く理解できないまま、環境だけが目まぐるしく変わってしまい、大変かわいそうな思いをさせてしまいました。
今はスタッフのおうちで落ち着いて暮らしていますが、スタッフが仕事の日は留守番時間が約12時間と人恋しいマッドにとっては決してベストな環境ではありません。
attachment02_20160219102654597.jpg


マッドは、きっと良きパートナーとなってくれるはずですし、『この人!』と決めた人には、かまってほしさに一生懸命アピールする様子を見ていると、少しでも早く里親さんを見つけなければ、という気持ちにかられるのです。
attachment01_201602191026502f7.jpg

9才ですが、とっても元気!残りの犬生はたくさん甘えさせてくれるお家で、のびのび過ごしてもらいたいです。(もちろん、次のお家がマッド君にとって最後のお家となるように!)

犬にベタベタ甘えてほしい里親さん、募集しております~!!!
(もちろん、他の子もよろしくお願いします!)

マッドのプロフィールはこちら→http://www.arkbark.net/?q=ja/node/6504

里親募集中の犬たち・猫たち・うさぎたちのページはこちら→http://www.arkbark.net/?q=ja/node/1013

今週の日曜日2/21は神戸GREEN DOGさんにて里親会です☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/1614

2/28 神宮前 DOGSIGNさんにて里親会☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/6429

大阪のシェルターでは、トリマーさんを大募集中です☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/1825

ARKのLINEスタンプ、好評です☆
http://www.arkbark

| 未分類 | 10:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

篠山だより  Vol. 1

こんにちは。
ここ篠山のARKもおかげさまでこの5月で2周年を迎えます。
そして、現在は27匹の愛すべきワンちゃんたちと可愛いウサギ8匹が、静かに暮らしています。

P1020786.jpg
バケツにはった氷

P1020693.jpg
ドッグランから犬舎に続く小路

篠山は、見学者の方やボランティアさんなど、多くの方で賑わう能勢のARKとは異なり、3人のケンネルスタッフと週末に入れ代わりでお手伝いに駆けつけてくださる数名のボランティアさん以外には、訪問者も限られているため、動物たちには落ち着いて静かに暮らせる環境になっています。
実は篠山にいる犬たちはとっても怖がり&人見知り・・・
こうして人の出入りが少なく、車などの騒音も少ない篠山だからこそ、のんびりとリラックスして過ごせているのです。。。信頼関係の築けているスタッフと一緒に、まずは篠山の静かな環境でも怖がらずにお散歩ができるよう徐々に徐々に練習しています。
スタッフも少なく、なかなかご見学やボランティアのご希望に添えないことも多い篠山ですが(申し訳ございません)、『篠山だより』でそんな篠山のわんこたちやうさぎたちの近況をお伝えしていきたいと思います!
また、篠山は完全室内の犬舎や床暖房設備など、老犬にも優しい施設となっているため、10歳を超える老犬たちも多く暮らしていますよ〜

篠山わんこの中で一番の長老は、パル幸平で、今年共に16歳になります。また、パルは2007年からARKで暮らしているので、ARKでの暮らしも9年目になります。逆に最も若いのは、今年で4歳になるフィリッパで、これにジュリアナが5歳で続きます。

P1020719.jpg
雪の中を散歩中のロック


P1020716.jpg
リンクで遊ぶとカワちゃん(左)とちびコロ(右)

篠山のARKならではのスタッフやボランティアの楽しみの1つは、ワンちゃん達の愛くるしい寝姿を目にすることができることです。能勢では、犬舎内の木製のコテージ(犬小屋)内が寝床となるため、寝姿を目にすることは難しいのですが、ここ篠山ではガラス張りの犬舎内で眠るため、毎日かわいい寝姿を目にすることができます。一体どんな夢を見て寝ているのでしょうか?

 180045jpg
被災犬のビーチの見る夢は?

P1030011.jpg
雪の日の篠山の様子


暦の上では春を迎えたとはいえ、まだまだ寒い日が続いています。つい先日には今シーズン初の積雪、しかも20cmを越える雪に覆われ、篠山のARKは一面の銀世界となりました。幸い、厳しい寒さにもかかわらず、今年の冬は犬もウサギも大過なく元気に過ごしています。
これからも、時折、篠山の四季の移り変わりや、ここで暮らすワンちゃん達の様子を報告したいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!!

| 未分類 | 11:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT