≫ EDIT

過去を持つ男、シェーマス


11月、東京アークに2匹の犬がやってきました。
飼い主さんは2匹をとても可愛がっていましたが、
突然ご主人を亡くし、奥さんは緊急で母国に帰らなければならない
状況となり、泣く泣く2匹を日本に置いていくことになりました。

Eコッカーのクイン
DSC04489.jpg


シェーマスです。
DSC04491.jpg


お手入れはあまり行き届いていなかったのか、とても痒がっていたので
シャンプーをしてサッパリまるまるカットしました。

DSC04493.jpg
※アザラシではありません

クインは犬からおもちゃやフードを守るところはありますが、とてもフレンドリーで
愛嬌たっぷりでフォスターさんも大絶賛のお利口さんで、フォスターさん宅にも
すっかり馴染んでいます。


引き取って約1ヶ月。
シェーマスはと言うと・・・


IMG_0251.jpg
「趣味は外を眺めることです。」


里親さんどころかフォスターさんも見つからず事務所泊が続いています。

DSC04582.jpg
「なにか???」

こんな仏頂面をしているから・・・
ではなく、クインとは正反対に慣れていない人には
唸る・吠える・噛む(アークに来てからはかするところで止めていますが…)
の三拍子が揃っており、第一印象でドン引きされてしまうのです。
そんな第一印象最悪のシェーマスなので、いいところをたくさんPRしたいと思います



シェーマスはアークに来てからもクレートに引きこもり、少し覗くだけでも警戒心はMAXで唸り、
触ろうとしたり、近づこうとするとと噛み付きに来る勢いで吠えていました。

元の飼い主さんは言いました。
「以前はクインのようにフレンドリーな子だった。」と。

元の飼い主さんは海外移動が多く、2匹も一緒に連れ添っていました。
香港に住んでいた時、ペットホテルに預けたシェーマスは
大きな傷を負って帰ってきたそうです。
背中に直径10cm前後はある円形の傷で、えぐり取られたような深いものでした。
すぐに手術をして傷口はふさがり、完治はしましたが、
それ以来、初対面の人にひどく警戒するようになったそうです。

傷は明らかに虐待であり、事故ではありません。
一体何をされたのか…それはシェーマスしかわかりませんが
その恐怖は消えることはないのかもしれません。


そんな過去を持つシェーマスですが、「こいつは大丈夫」と判断した相手には
「甘えたな僕♡」に大変身します。

IMG_0232.jpg
「本当は撫でくり回されるのが好きです。」

最初の1週間、彼に観察する時間を持たせてあげて少しずつ距離を縮めると
お触りOK、ハーネスOKのべったりさんになります

お留守番は得意で、イタズラも粗相もないので、フリーでいられます
お散歩が大好きで、出会った犬にも友好的に挨拶できます
(他の犬と一緒に歩くと吠えます

慣れた人にはとってもお利口なシェーマス。
お客さんの出入りが多いご家族や、小さなお子さんがいるご家族よりも
静かな環境で過ごせるとシェーマスも安心できます。

IMG_0250.jpg

DSC04584.jpg
大きな体で小さく丸くなるところもチャームポイント

里親会の時も知らない人だらけ、犬だらけで興奮しっぱなしのシェーマス。
本当は平和を愛するおっとり(?)男子なんです

IMG_0238.jpg
「撫でてくれる人おらんかね

最後に、おもちゃで遊ぶシェーマスの姿を少しご紹介します!
しっぽ全開で楽しんでまーす



現在東京アークでは、シェーマスのフォスターさんを募集中です
(もちろん里親さんも!)
シェーマスのことやフォスターについてのお問い合わせは東京アークまでお願いいたします。
皆さまからのご連絡お待ちしております

 tokyoark@arkbark.net
 050-1557-2763

12/11(日)は東京アーク里親会 at DOGSIGN in 神宮前
12/17(土)は東京アーク里親会 at PET SPA in 石神井公園
12/18(日)は大阪アーク里親会 in 神戸 @ Green Dog Square

| | 21:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

織姫と彦星の再会

今年の7月7日 七夕の日
岡山県のある小屋の中に生後1週間ほどの
仔猫が1匹取り残されていました。
名前はもちろん「おりひめちゃん」

CIMG2776_2016113017502994a.jpg

ミルクボランティアの方のおうちに
預かってもらうことになりました。

おりひめ赤ちゃん
小夏にべったりおりひめ


その10日後、同じ小屋の中で
またもや仔猫が1匹保護されました。
おりひめより少し大きい男の子です。
名前はもちろん迷うことなく「ひこぼしくん」

CIMG2851_201611301750331f6.jpg
Unknown.jpg

ひこぼしは自力でご飯を食べてくれたので
そのままアークで過ごすことに。
1人で寂しい思いをしながらも
病気をすることもなく見る見るうちに
大きく成長していきました!

Unknown-1.jpeg

そして、現在生後5ヶ月!
やんちゃで元気いっぱいの男の子です!
穏やかな性格のひこぼしは
こんなにたくさんお友達ができました。

Unknown-2.jpeg

そして10月中旬、同じ時期に保護され
一緒に預かってもらっていた子達と共に
6匹でアークへ戻ってきました。
おりひめもフォスターさんの愛情を
たーっぷり受けて、立派な女の子に成長!

Unknown-3.jpeg

フォスターさんのおうちで犬に猫に子供にと
完璧な社会化をしてもらったおかげで
人見知りすることなく見事なフレンドリーさ!

ですが、小さい頃に家庭の温かさを
知ってしまったおりひめ。
アークに戻ってきてから
神経性の膀胱炎になってしまいました。
ご飯もモリモリ食べて元気いっぱいで
一見ストレスを感じてないように見えても
寂しい思いをしているのでしょう。。

そんな おりひめ と ひこぼし。
アークにはたくさんの仔猫がいて
それぞれ考えて部屋割りをしているので
ついこの前まで別々で暮らしていました。


そして先日ついに2人は再会!
長い間離れてしまっていたので
ひとまずシャー!とか言うかと思いきや、
どこか覚えているかのように
お互いを確認し合う2人。。。

Unknown-4.jpeg
Unknown-5.jpeg
Unknown-6.jpeg



数分後。

おもちゃで遊ぶわ、ご飯を食べるわ、
緊張感ゼロ。さすが似た者同士の兄妹です。
Unknown-7.jpeg
Unknown-8.jpeg
Unknown-9.jpeg

その後もケンカすることなく、
時々一緒に遊んだりして
仲良く平和に過ごしています。

Unknown-10.jpeg

人間に捨てられたのか、母親に置いてかれたのか
どういう風に離れ離れになってしまったかは
誰にも分かりませんが、およそ半年の時を経て、
こうして再会する事ができた織姫と彦星。
当の本人たちはなんのこっちゃ
分かってない様子で気にもしていませんが。笑

Unknown-11.jpeg
Unknown-12.jpeg

季節はずれではありますが、
奇跡の七夕キャッツ 織姫と彦星
こんなロマンチックな物語とともに
2人一緒に家族に迎えてくださる方
心よりお待ちしております!

Unknown-13.jpeg

おりひめのプロフィールはコチラhttp://www.arkbark.net/adopt/catsosaka/7193/
ひこぼしのプロフィールはコチラhttp://www.arkbark.net/adopt/catsosaka/7273/
里親になるには…http://www.arkbark.net/adopt/adoption/

次回の里親会は…
http://www.arkbark.net/about/events/adoptionevents/5799/12/18(日)大阪アーク里親会 in 神戸 @ Green Dog Square
http://www.arkbark.net/about/events/adoptionevents/4409/12/11(日)東京アーク里親会 at DOGSIGN in 神宮前

| 未分類 | 18:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

老犬とのスローライフはいかがですか?

アークでは沢山の犬が保護され、リホームしていきます。

しかし、多くの里親さんは「できるだけ若い子がいい」と希望されます。
そのため、シニアが貰われにくいのが現状です…

「別れが早いのが辛いから。」

確かにそうかもしれませんが、残りの犬生が短いからこそ、自分だけのあたたかい家庭で余生を過ごして欲しい。
特にシニアは寒さで体調を崩しやすいため、本格的な寒さが来る前に新しい家族を見つけてあげたいと願っています。

アークには、シニア犬たちが暮らしている「老犬クラブ」という場所があります。
夏の暑さや冬の寒さに耐えることが厳しくなってきた子たちが、冷暖房を完備した老犬クラブで過ごしています。

若い子は元気で可愛いですが、老犬にも魅力はいーーーっぱい!!
ということで、今回はこの老犬クラブの中から
3匹の柴犬たちをご紹介します!!


まずは、老犬クラブの新入りさん!
昨年5月 柴犬ブリーダーからレスキューされた中の1匹、12歳のオーク。
image1 のコピー
「12歳に見えないくらい若々しいでしょ?」


以前は一緒に入所したポプラと仲良く暮らしていたオークおじいちゃんですが、
痴話喧嘩をするようになり現在別居中…
しかし、さすがポジティブおじいちゃん!
老犬クラブのみんなとも初日から揉めることなく仲良く生活しています。

image2 のコピー
「ここも楽しいんだけどね、やっぱり自分だけのお家が欲しい!!」


ムチムチ体型を見て分かる通り、食べることが大好きなオーク。
人の手に持ってるものは全部オヤツに見えるようで、笑顔でおねだりしてきます!
スタッフが来た時のお出迎えや、散歩やご飯に毎回大喜びしてくれる姿はまるで子犬のようです。
ぜひご家庭に可愛い笑顔のおじいちゃんはいかがですか?

image3_201611271741458a9.jpg
「会いに来るときはオヤツも忘れずに~」


続いては、スタッフ内で密かなアイドル、14歳のチャチャ❤️
image1_20161127174147ab9.jpg
「ファンがたくさんいるのよ」


チャチャの魅力はなんとも言えないこの表情❤️
image2_20161127174148b3d.jpg
「抱っこやシャンプーだって大人しくできる完璧なあたし」

子犬の頃からおばあちゃんに大事に飼われていたチャチャですが、
飼い主さんが体調不良のためお世話が出来なくなり、シニアになって別れざるをえませんでした。
顔には出しませんが、きっとチャチャも寂しいはず…。

ベタベタ甘えてはこない子ですが、本当は人が大好きなんです。

同じくらい大好きな散歩中でも、お世話をしてくれるスタッフの姿が見えると、
ぐいぐい引っ張ってあとをついて行こうとします。

実は隠れしゃくれだったり、ぴーんと立った尻尾をぶんぶん振って散歩を楽しんでくれたり、可愛い要素が満載!!
いつもは冷静なチャチャも、散歩前には走り回ってはしゃいじゃうところもまた可愛い❤️

お世話すればするほど、きっとあなたもチャチャに心奪われます!!
まずはぜひ、チャチャに会いに来てください!

image3 のコピー
「お昼寝しながら待ってるね~」


最後にご紹介するのは、柴犬のハグちゃん!15歳のおじいちゃんです。
image1 のコピー 2
「よく犬種を聞かれるんだけど僕、ちゃんと柴犬なんだよ」

犬種の次によく聞かれるこの細いお目目ですが、パッチリちゃーんと見えています!👀
スタッフが部屋に入ると、ベッドからのそっと出てきてお出迎えしてくれるので、耳もしっかり聞こえています。

image2 のコピー 2
「キリッとしたつり目がイケてるでしょ~?」

このハグちゃん、ウロウロ放浪していたところを保護されました。
アークに入所したてのころは、今よりももっとヨボヨボしていて痩せていました。

ですが、ちょっと舌は肥えてるけど美味しいものはガツガツ食べてくれるし、
元々歩くことが好きなハグちゃんは、お散歩も大好きになってくれるし、体型もふっくらして若返ってくれました!

1人でご飯を食べないハグちゃんは、スタッフが食べさせてくれるまでずっとあとをついてきます(笑)
こんな可愛いワガママ、シニア好きにはたまりませんよね!!

世話は焼けるけど、ほっとけない愛されキャラのハグちゃんはいかがですか?

image3 のコピー 2
「僕のワガママに付き合ってくれる方、募集中です♪」

可愛いおじいちゃんおばあちゃん達はいつでも老犬クラブでお待ちしております!
ぜひぜひ会いに来てください!
image1 のコピー 3
「のんびりお待ちしてま~す」

オークのプロフィールはコチラhttp://www.arkbark.net/adopt/dogsosaka/2113/
チャチャのプロフィールはコチラhttp://www.arkbark.net/adopt/dogsosaka/2167/
ハグのプロフィールはコチラhttp://www.arkbark.net/adopt/dogsosaka/2175/
里親になるには…http://www.arkbark.net/adopt/adoption/

| 未分類 | 17:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オイスターも待ってますよ。。。

先日、多頭レスキューした置き去りプードルMix 11匹チーム。
ではなく、もう少し前の5月にレスキューしたプードルMix 11匹チームをみなさん覚えていらっしゃいますでしょうか?

CIMG0533 2CIMG0596.jpg


その中の1匹、入所したその日から断トツでフレンドリーだった最年長の男の子「オイスター」
image6.jpg
カットしたてはアライグマハンドのオイスター

一緒に来た仲間達がリズムよく次々と新しい家族が決まっていく中、気づけばポツンと独りぼっちになっていました。
幸い、天真爛漫でどんな子とも仲良く出来る性格なので、寂しそうに落ち込む様子もなく新しいお友達を見つけては明るく元気に過ごしています。
image3.jpg
でもね、一緒に来た仲間の1匹(5月にリホーム)がアークへ遊びに来てくれた時、「ボクも早くお家に行って僕だけの家族がほしいなぁ」と思っちゃった。


人見知りせずどんな人にも全力でアピールして、治療やトリミングもお利口で怒るという事を知らないような本当にいい子のオイスター。
そんな人が大好きな性格だからこそ、この環境では少なからず寂しい思いをしているに違いありません。
そんな素振りを1ミリたりとも見せないオイスターに自分だけを愛してくれる家族を、安心して落ち着くことができるおうちを、1日でも早く見つけてあげたい、というのが私達スタッフの願いです。
image4.jpg

そこで皆さんにとっておきのオイスターの写真をご紹介しちゃいます!
オイスターととことん仲良くなればこんな可愛い忠犬ぶりを発揮してくれますよ♪
呼ぶとすぐに飛んで来てくれます
image7.jpg

そしてよーく見てください♪
アークに来る前は散歩もろくにしてもらえず、糞尿まみれで毛玉だらけで窮屈な環境で暮らしていたオイスターにとってこんなに自由に走り回れることは楽しくって仕方がないようです!!!
image8.jpg
ドッグランなどに連れて行ったらこんな風に大はしゃぎするのかと思うと、想像しただけで笑みがこぼれます。
スタッフにもボランティアさんにも愛されているオイスター、それを見ているだけでも十分幸せなのですが、私達スタッフが本当に見たいのは、アークのわんこたちが幸せな第2の犬生を迎えた証「星タグ」を首にぶらさげて、飛び込んできてくれる姿です。
オイスターがいれば、家庭が明るくなることは間違いなさそうです♪
会いにきてくれた方にはオイスターが全力で満面の笑みでお出迎えいたしますので、里親をお考えの方はぜひHPをチェックしてみてください

オイスターのプロフィールはコチラhttp://www.arkbark.net/adopt/dogsosaka/4185/
里親になるには…http://www.arkbark.net/adopt/adoption/

次回の里親会は…
11/26(土)大阪アーク里親会 in 神戸 @ Green Dog Squarehttp://www.arkbark.net/about/events/adoptionevents/5799/
11/26(土)東京アーク里親会 at PET SPA in 石神井公園http://www.arkbark.net/about/events/adoptionevents/1470/

| 未分類 | 17:12 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思春期男子ベロ出しペレ☆


前回のトウジに続きまして、この9月でARK1年生になった子をご紹介します!


FullSizeRender.jpg
「ARKに来たばかりの頃はモコモコのコロコロだったボク♡」


IMG_6029.jpg
「ボクのきょうだいたち!みんなもういないけど!」


そうなのです。
兄弟たちはそれぞれ新しい家族を見つけ、残ったのが…


admin-ajax.jpeg
「ペレです!陽気で人がだ〜い好きでこの満面の笑顔で
みんなをトリコにしちゃうボク!」



本人もまさか1年もARKにいるとは思わなかったでしょう…。
兄弟一のあかんたれで末っ子気質の困り顔だったペレ。
兄弟たちと毎日遊んで犬社会を学んだはずが、この兄弟たちの
遊びがあまりに激しく、ケンカ状態の毎日でした。

その影響を受けてなのか、散歩中に他の犬に会うと
どうにも興奮して吠えに行くようになってしまいました。

まるで、高校生デビューをした思春期の男の子のようです…
すこーし道を外れたペレに正しい犬との付き合い方をトレーニング中!!


FullSizeRender_20160909113206923.jpg
ただいま更生中!!

最初のうちはご褒美のおやつにも目がいかないほど、他の犬たちに
気を取られて興奮していましたが、少しずつ集中して歩けるようになってきました。


IMG_1227.jpg
正しい散歩の仕方講座「吠えない、見ない、飛びかからない…吠えない、見ない…」


FullSizeRender_20160909113458d3a.jpg
「真剣なボク、カッコイイでしょ!」


あかんたれなペレもトレーニングを始めると
あっという間にコマンドを覚えてスタッフとのアイコンタクトもバッチリ


勉強の成果が見られる一方で、改善が難しいところも。

能勢のシェルターの環境は、犬も人も出入りが多く
犬舎の前を誰かが通るたびに気になって気になってどうしても吠えてしまいます。
いつも周囲に気を張って、気持ちが落ち着かないのだと思います。
できるだけ人や犬が通らない犬舎に移動しましたが、それでも
少しの音に過剰に反応してしまいます。
なかなか太れないのも、この特殊な"シェルター"という環境が原因のようです。

環境の改善、最善を尽くしてもどうしても限界があり
スタッフも頭を抱えています…。

admin-ajax (2)


いつもベロを出して悩みごとなんてなさそうなペレも
本当はとーっても繊細な男の子。
新しいお家が見つかれば、ストレスも軽減され
他の犬に対する過剰な反応も改善されていくのではないかと思います。





好きなことは人と一緒におもちゃで遊ぶこと!
大きな体を委ねて甘えてくる姿にスタッフもやられっぱなしです
1歳になっても、まだまだ甘えん坊で育ち盛りのペレ🌟
新しい家族、預かりさん、募集中〜


admin-ajax (1)
「ラブコール、待ってまーす!!」

ペレのプロフィールはコチラhttp://www.arkbark.net/adopt/dogsosaka/2093/
里親になるには…http://www.arkbark.net/adopt/adoption/
預かりについてはコチラにお問い合わせくださいhttp://www.arkbark.net/about/osakaark/


大阪・東京ともに写真展開催中です!
ARK写真展2016『犬生、猫生、人生。〜Shelter animals ♥ you more〜』in 京都
YANASE×ARKコラボ展 2016

次回の里親会は…
9/25(日)大阪アーク里親会 in 神戸 @ Green Dog Square
9/24(土)東京アーク里親会 at PET SPA in 石神井公園

| | 20:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ふわふわトウジARK1年生☆


少し前にFacebookに投稿したトウジのこと、みなさん覚えていますか?
ふわふわの白毛に、笑顔全開でスタッフにアピールするトウジ。
とーっても可愛いですよね!




こんなにしわくちゃになって笑顔を振りまいてくれるのは
信頼できるスタッフだけ。
信頼した相手には、こんな風に愛情表現も大サービス!!

そんなTHE 和犬なトウジは、シェルターに来たばかりの頃は
「一匹オオカミなオレ」全開で強気な態度に出ていました。

知らない人や自分より下と判断した相手にはマウントしてみたり…
他の犬に出会えば「オレに近寄るな!」と尖ったナイフなトウジ…。
和犬の血が騒ぐだけでなく、これまで他の犬や人との関わりを
学んでこれなかったので、仕方ありません。

そんなトウジもARKに来て1年が経ちました。
新しいお家でたくさんの愛情をもらうべく、
スタッフとともに日々トレーニングに励む様子を少しご紹介します!

トレーニングはDogs Trustのトレーナーさんにアドバイスをもらいながら行っています。
食べる事が大好きなトウジにとって、おやつを使ったトレーニングは効果バツグン!
最初はおすわりもできませんでしたが、今ではバッチリできるようになりました

イメージ 1
「にーちゃん、座ったで〜。」


アイコンタクトも取れるようになり、
こちらの言うことにしっかり耳を傾ける賢いトウジ。


イメージ 10
「その手に持ってるゴホウビくれ」

イメージ 12
「そうこなくっちゃ〜」

スタッフが何よりも気をつけていることは、
トウジにとってトレーニングがストレスにならないこと。
おやつを使いながら楽しく学べる時間であるように心掛けています。

トウジのいいところも悪いところも理解し、向き合って下さるご家族に出会えるまで
トウジのお勉強は続きます


そんなトウジ、保護された時はひどい状態でした。
外で繋がれ、ごはん以外はまともにケアもされていなかったため、
体をかゆがり、全身脱毛だらけ、やせ細っていて
とても2才には見えませんでした。

イメージ 17

イメージ 25

アークに来てからは、定期的にシャンプーをし、処方食で皮膚も体型も落ち着いてきました。
もともと皮膚が強くないトウジは、こまめに皮膚の状態をチェックし、
必要に応じて薬を与えています。
環境に慣れ、落ち着いた今では担当スタッフ以外がシャンプーをしても
うっとりするようになりました
もともとシャンプーが好きなようで、トウジにとっては至福の時間♡

image1-11-536x402.jpg
「イケメンになったと思わへん?」


image1-2-5-536x402.jpg
「新しいお家に行く準備万端やで〜!」

と、気合い十分のトウジ
紀州犬は気性が荒く、成犬からではトレーニングが難しいと
思われがちですが、時間をかけて向き合うことで
ぐんぐん吸収してくれます。

そして本当はとっても甘えん坊です。
まだまだ若いトウジに素敵な出会いがありますように…


能勢のシェルターでみなさまのお越しをお待ちしております


トウジのプロフィールはコチラ
http://www.arkbark.net/adopt/dogsosaka/2067/

8/20は東京アーク里親会 at PET SPA in 石神井公園
http://www.arkbark.net/about/events/adoptionevents/4401/

8/21は大阪アーク里親会 in 神戸 @ Green Dog Square
http://www.arkbark.net/about/events/adoptionevents/5799/

| | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

★パルスの成長記録☆

パルスについて相談があったのは、今年の3月。飼い主からの電話相談でした。

「犬が凶暴で噛みつくため、サークルに入れっぱなしにしているが、そこから出すこともできないため、保健所にも連れて行けず、困っている」

日に日に凶暴になり、今では散歩はもちろん、すでに数ヶ月間そのサークルから出していないとのこと。

サークル内に手を入れると噛まれるため、フードはサークルの上からばらまいて与えてられていて、トイレシートはご飯を食べているときに取り替えているとのことでした。

散歩にも行かず、小さなサークル内だけで数ヶ月間も閉じ込められていてはストレスが溜まるのも当然です。
カットも数ヶ月行けていないため、毛も伸びています。

CIMG9224.jpg

早速、スタッフで検討が始まりました。

パルスは元々散歩経験も少なく、他の犬に対する反応も予想できないため、アークにいる他の犬たちのことについても考えなければなりません。
アークは常に満床状態ですが、パルスのためにサークルの仕切りは2重に準備し、しばらくは柵越しに様子を見ていくこととなりました。

パルスの保護に向かうと、サークル内からうなり声をあげ、気も立っている状態。きっといつもと異なる只ならぬ雰囲気を感じ取って、パルスも緊張していたはずです。
分厚い手袋でサークルから持ち上げると案の定、手袋にガブリと噛みつきました。なんとかハーネスをつけ、いざアークへ向かいます。

パルス用のサークルはしばらくお散歩へ行けなくても十分遊べるほどのスペースを確保しました。また様子を見ながらいつでも散歩に行けるよう、ハーネスは着けたままにしました。

想像していたように、パルスは柵越しにこちらに唸り、威嚇します。手を入れようとすれば
すぐにでも噛みつきそうなほどのパルスの緊張状態がこちらにも伝わってきました。

スタッフの間にも不安は募ります。
事前に話は聞いていても、実際のパルスの様子を見てみると、いつか落ち着きを取り戻せる日がくるのかと心配になりました。

16-04-30-12-27-12-052_deco.jpg


まずは、犬舎スタッフにより”柵越しに優しく話しかけること”から始まりました。

最初は、話しかけても、唸ったり、鼻をムキムキとするばかり。
伸びきった顔の毛から時々見えるパルスの目は、穏やかに生活している犬たちとは明らかに違っていました。

ごはんやトイレシートの取り替える方法として1名がおもちゃで気をそらせている間にもう1名のスタッフがサークル内に手を伸ばし、取り替えます。

とにかくパルスに明るく話しかける事を続けました。

パルスが混乱しないよう、お世話をするのは決まったスタッフ2名のみ。
パルスが少しでも早く「安心できる人だ」と認識してもらうためです。

数週間後にはパルスの様子に少しずつ変化が見られました。”柵越しの話しかけ”にパルスが全く唸らなくなったのです。
それどころか、人が来て、話しかけてくれるのを待っているようにも見受けられるようになりました。

スタッフは足元を噛まれても大丈夫なように長靴を履いてサークル中に入ります。
きっと、同じスペースに人が入ってくるなんて、パルスにとっても久しぶりです。
パルスも少し驚いてどうしていいのか、分からない様子でしたが、すぐに足元で興味津々にピョンピョンと跳ねています。その様子からもパルスが生まれつき凶暴で、攻撃性がある訳ではないことは明らかでした。

手荒く扱われていたのか、特に手に敏感に反応していたため、驚かせないよう手を差しだしたりはせずに、まずは同じサークル内に入って人の存在に慣れてもらう練習です。

徐々に性格が明るくなり、スタッフが来ると尻尾を振って、舌を出して喜びをアピールします。スタッフも日々のパルスの成長が楽しみになりました。

DSC_02941.jpg

毎日の繰り返しにより、サークル内に一緒に座っておもちゃで遊べるまでになりました。
ハーネスの取り外しはまだ出来ませんが、おもちゃで遊びながら、気がつかないようにハーネスにさっとリードをつけます。

いよいよお散歩デビューです。
お散歩慣れしていないパルスは無駄に飛び跳ねます。
パルスはお散歩が大好きになりました。

ついに全身カットをしたパルス。表情は明るく、生き生きとしています。
DSC_0598.jpg

今度はハーネスの、取り外しができるようになれるよう、手に慣れる練習です。
一緒に座ると、嬉しそうに膝に乗って顔を舐めます。
こちらからはまだ触れないようにして、手は膝の上に置くだけです。
手に興味津々なパルス。
手におやつのチューブを塗って舐めさせたりと少しずつ手に慣れる練習です。
※動画もぜひご覧ください⇨https://www.youtube.com/watch?v=KQaUrNn9L4A&feature=youtu.be

DSC_0522.jpg

小さな積み重ねにより、今ではハーネスの付け外しや、抱っこもできるようになりました。
2週間前からスタッフの家に連れて帰り、様子を見ておりますが、他の犬たちとも仲良くできているようです。
(大型犬には反応して吠えてしまいます)

とても甘えん坊なパルスですが、後ろ足付近やお尻を触られることにはまだ慣れていないため、怒って噛むことがあります。また、お腹まわりをしつこく触っていると、衝動的に反応して噛んでしまうことがありますが、パルスも噛んではいけないことはわかっているようで、噛んだ後、いつも反省した様子を見せています。

パルスはこうして数ヶ月で著しい成長を見せてくれました。

_20160427_162705.jpg

精神的には子どものまま大きくなってしまったパルスですが、やっと人との信頼関係を持てるようになってきました。
敏感な動きに反応してしまうため、お子さんのいるお家にはおすすめできませんが、犬の飼育経験のある、大人の方だけのご家族を募集してみることになりました。
上手に付き合っていただける方、ぜひご連絡お待ちしております。

DSC_0652.jpg
いよいよ里親募集デビュー!!「おもちゃで一緒に遊んでくれる人、待ってま〜す!」

パルスの情報はこちら⇨http://www.arkbark.net/adopt/dogsosaka/6052/


7/24 神戸GREEN DOGさんにて里親会です☆
http://www.arkbark.net/about/events/adoptionevents/5799/

7/24 東京アーク里親会 at DOGSIGN in 神宮前☆
http://www.arkbark.net/about/events/adoptionevents/1541/

ARKのLINEスタンプ、好評です☆
http://www.arkbark.net/?q=ja/node/6224

| 未分類 | 12:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT